1啓蒙主義時代のウィーン

 女帝マリア・テレジアとその息子、皇帝ヨーゼフ2世が統治した1740年代から90年代のハプスブルク帝国の首都ウィーンでは、啓蒙主義に基づいた社会の変革が行われました。理性や合理主義に基づき、社会の革新を目指す啓蒙主義の思想がウィーンに入ってきたのは、他のヨーロッパ諸国に比べ早くはありませんでしたが、この思想の熱烈な支持者であったヨーゼフ2世は、宗教の容認、死刑や農奴制の廃止、病院や孤児院の建設など、行政や法律、経済、教育においてさまざまな改革を実行しました。ウィーンは、自由な精神をもつ知識人たちを魅了し、彼らの交流の場となることで、ヨーロッパ文化の中心地へと変貌を遂げていったのです。
マルティン・ファン・メイテンス
《幼いヨーゼフ2世を伴ったマリア・テレジア》
1744年 油彩/カンヴァス
ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum  / Foto Peter Kainz
マルティン・ファン・メイテンス 《マリア・テレジア(額の装飾画:幼いヨーゼフ2世)》 1744年 油彩/カンヴァス ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

2ビーダーマイアー時代のウィーン

 ナポレオン戦争終結後の1814年には、各国の指導者たちが集まったウィーン会議が開催され、ヨーロッパの地図が再編されます。以降、1848年に革命が勃発するまでの期間は、「ビーダーマイアー」と呼ばれます。当初、家具の様式を指す言葉でしたが、やがてこの時代の生活様式全般と精神構造を表すようになりました。急激な都市化と政治的抑圧が強かったこの時代、それに対する反動として、人々の関心は「私的な領域」へ向けられます。あらゆる著作物に対し検閲が実施されるという抑圧された環境の中、画家たちがテーマとして選んだのは、日常生活やのどかで親しみやすい都市や農村の風景画でした。  世紀末芸術が花開いた1900年頃のウィーンでは、ビーダーマイアーが文化の着想源として参照されました。日常生活に実用的な美を見出すビーダーマイアーは、後にモダニズムのモデルとなったのです。
フリードリヒ・フォン・アメリング
《三つの最も嬉しいもの》
1838年 油彩/カンヴァス
ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
フリードリヒ・フォン・アメリング 《3つの最も嬉しいもの》 1838年 油彩/カンヴァス ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

3リンク通りとウィーン

 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の治世の間(1848-1916年)に、ウィーンは帝国の近代的首都へと変貌を遂げます。人口は50万人から220万人にまで増加しました。  近代都市への変貌は、1857年に皇帝が都市を取り囲む城壁の取り壊しを命じ、新しいウィーンの大動脈となる、「リンク通り(リンクシュトラーセ)」を開通させたことに始まります。沿道には帝国の要となる建築物が次々と建設されました。  リンク通りは19世紀のウィーンの象徴(シンボル)であるといえます。1879年には画家ハンス・マカルト演出による皇帝夫妻の銀婚式を記念する盛大な祝賀パレードが開催されました。沿道には、古典主義様式の国会議事堂、ゴシック様式の奉献教会、ルネサンス様式の大学などさまざまな歴史主義建築の建物が立ち並び、さらに19世紀末にはウィーン分離派のメンバーによる建物も建設されました。
ハンス・マカルト
《1879年の祝賀パレードのためのデザイン画――菓子製造組合》
1879年 油彩/カンヴァス
ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
ハンス・マカルト 《1879年の祝賀パレードのためのデザイン画――菓子製造組合》 1879年 油彩/カンヴァス ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
ウィーンの都市計画、日本の映像技術で再現!
1857年、皇帝フランツ・ヨーゼフの命によって、ウィーンの旧市街を囲んでいた城壁が撤去されました。城壁の跡に整備されたリンク通り(リンクシュトラーセ)には次々に新しい建築が立ち並び、この通りを基点として閉塞的な中世都市は豊かな芸術を育む大都市へと変貌を遂げました。今回、ウィーン・ミュージアムが所蔵する19世紀に作られた精巧な都市模型を新撮し、この歴史的な都市計画を再現する映像を日本で制作します。DNP大日本印刷の高精細3Dデジタルアーカイブ技術でよみがえるウィーンの街の壮大な変遷を、本展でぜひご体感ください。
映像イメージ 制作:DNPアートコミュニケーションズ
映像イメージ 制作:DNPアートコミュニケーションズ
映像イメージ
制作:DNPアートコミュニケーションズ

41900年線世紀末のウィーン

 カール・ルエーガーがウィーン市長として活躍した時代(1897-1910年)には、さらに都市機能が充実します。路面電車や地下鉄など公共交通機関も発展し、建築家オットー・ヴァーグナーがウィーンの都市デザイン・プロジェクトを数多く提案しました。計画のみに終わったものもありますが、今日のウィーンの街並みは、実現されたヴァーグナーの建築によって印象付けられています。  絵画の分野では、1897年にグスタフ・クリムトに率いられた若い画家たちのグループが、オーストリア造形芸術家組合(ウィーン分離派)を結成しました。また、1903年には、工芸美術学校出身の芸術家たちを主要メンバーとして、ウィーン工房が設立されました。  ウィーン分離派やウィーン工房の重要なパトロンはユダヤ人富裕層でした。芸術家たちの実験的な精神や妥協のない創作が、この時代の数々の傑作を生み出したのです。
グスタフ・クリムト 《エミーリエ・フレーゲの肖像》 1902年 油彩/カンヴァス ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
グスタフ・クリムト
《エミーリエ・フレーゲの肖像》
1902年 油彩/カンヴァス
ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz
アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

Instagram post 2167938583469786740_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介④★】
ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフがイチオシのグッズを紹介する第4弾は、周囲に差をつけるオシャレな文具です!
.
1887年にウィーンで創業したステーショナリーメーカー「コレス」の筆記具は、会場のグッズ売り場でも、ひときわ存在感を放つカラフルさ。ハイライナーは、発色も美しく、キャップを閉め忘れても4時間以内なら乾かないという驚きの品質です。
.
イエロー、ピンク、オレンジ、グリーンの4色展開で税別180円。ほかにも、可愛らしい色鉛筆や2穴シャープナーも。ウィーンっ子の気分であれこれ揃えてみるのも楽しいかも。
.
#ウィーンモダン展  #ウィーンモダン #国立国際美術館  #クリムト #シーレ #グッズ #コレス #ハイライナー #色鉛筆 #オシャレ文具 #文具  #美術館 #アート巡り #芸術の秋  #3連休 #おでかけ #中之島 #wien #osaka #art #大阪やのにウィーンなう
Instagram post 2126230176568472733_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介①★】 ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフが、イチオシの展覧会グッズをInstagramで紹介していきます!
.
記念すべき1回目にご紹介するのは、ウィーンに本店を置くお茶の名店「ハース&ハース」が提供する“フルーツティー”。
その中でも特に人気の高い「アプリコット」を実際に飲んでみました!
.
フルーツティーはドライフルーツや木の実をブレンドしており、飲んだ後にそれらを食べられるのが特徴。「アプリコット」にはリンゴやハイビスカスの花びら、ローズヒップの実などが含まれています。
.
お湯を注ぎ、待つこと10分。フルーツティー特有の綺麗なワインレッド色に染まってきました。甘酸っぱい柑橘系の香りで心が落ち着きます。
.
そのお味は・・・。
.
アプリコットの酸味とまろやかな甘みが口の中いっぱいに!飲みながらスプーンでフルーツをすくい、「これはリンゴ?」「ハイビスカス見っけ」と予想したりお宝探しをしたりしながら、全部食べてしまいました。
ハチミツを入れても美味しいそうです。個人的には、濃いめに作ることをオススメします!
.
そんな「アプリコット」はウィーン・モダン展大阪会場ショップで好評販売中です。100gで1300円(税別)。
.
それ以外にも合計10種類のフルーツティー、フレーバーティーを販売しているので、ぜひ会場でチェックしてください!
.
#ウィーンモダン展 #ウィーンモダン #国立国際美術館 #フルーツティー #アプリコット #ハイビスカス #フルーツ #グッズ #クリムト #シーレ #ウィーン #展覧会 #アート #美術館 #美術 #芸術 #中之島 #オシャレグッズ #アート巡り #wien #osaka  #art

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP