【クリムト誕生日記念】プレゼント・キャンペーン「クリムトウィーク」開催

7月14日は、「ウィーン世紀末」を代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918年)の157回目の誕生日です。

誕生日を記念して、ウィーン・モダン展では「クリムトウィーク」を開催します。
7月10日(水)~15日(月・祝)の期間中、来場された方(先着2万名)に特製うちわをプレゼント!

※うちわは無くなり次第配布終了。

うちわをお面代わりに、クリムトやシーレになりきることもできます!
「#ウィーンモダン展」や「#シーレポーズ」を付けて、なりきり写真をSNSに投稿してみてはいかがでしょうか。

 

 

さらに、誕生日前日~翌日の3連休には、グッズ・図録をご購入の方へプレゼントもご用意!
7月13日(土)は、本展特設ショップで3,000円(税込)以上お買い上げの方(先着300名)に、オーストリアの名菓「マンナー」のウエハース
14日(日)は、本展図録を購入された方(先着120名)にマグカップ
15日(月・祝)は、本展ミニ図録を購入された方(先着50名)にノート&ペンセットをそれぞれプレゼントします。

※各日先着順・なくなり次第終了

グッズ・図録・ミニ図録の情報はこちら

 

7月10日(水)~15(月・祝)の「クリムトウィーク」実施期間中は、「ウィーン・モダン」展で涼しく過ごしませんか?

クリムトの誕生日を祝福しに、ぜひご来場ください。

 

■ ■ ■ ■ ■

グスタフ・クリムトは、1862年7月14日生まれ。

初期には、クリムトは写実的な絵画や伝統的な寓意画を多く描きますが、次第に抽象的で官能的な女性像や、金色を多く用いた独特の様式を確立させていきます。

クリムトを一躍有名にした初期の名作《旧ブルク劇場の観客席》
ウィーン分離派会館の開館にあわせて制作された《パラス・アテナ》

 

クリムトは油彩画の準備や、技術の向上のために数多くの素描を描きました。本展では、画家の才能が垣間見える素描の数々をご紹介しています。

クリムトの才能がうかがえる素描の数々

 

クリムトを語る上で欠くことができないのが、女性たちとの関係です。中でも、女性実業家エミーリエ・フレーゲ(1874-1952年)は、クリムトにとって特別な存在でした。本展ではエミーリエを描いた傑作や、2人の関係を物語る写真などの資料を展示しています。

《エミーリエ・フレーゲの肖像》
「アッター湖でボートに乗るエミーリエ・フレーゲとグスタフ・クリムト」

 

妖艶なだけではない、不思議な魅力を持つクリムトの作品世界、ぜひ本展でじっくりご堪能ください。

 

 

■ ■ ■ ■ ■

~ご来場前のチケットの事前購入が便利です!~

 

直前の記事

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP