エミーリエ・フレーゲを演じる一人芝居、開催しました

517日、演劇公演「エミーリエ・フレーゲ 愛されたミューズ EMILIE FLÖGE – GELIEBTE MUSE von Penny Black」を開催しました。

本展の目玉作品であるグスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》のモデルはどのような女性だったのか— 演じたのはオーストリアの女優マキシ・ブラーハさん。

エミーリエのオリジナルの洋服型紙を元に再制作された衣装に身を包み、一人芝居形式で演じました。オーストリア各地ほか、パリ、ロンドンやニューヨークでも絶賛された演目の日本初上演となりました。

 

 

クリムトが死の床で「ミディ(=エミーリエ)を呼んでくれ」と言ったことを、エミーリエ自身が回想する場面から、物語は始まります。

 

クリムトとエミーリエの出会いは遅くとも1891年、クリムトの弟エルンストとエミーリエの姉ヘレーネの結婚したとき、クリムト29歳、エミーリエ17歳のときです。

その後、エルンストが若くして亡くなると、クリムトはまだ幼い姪の後見人となり、クリムト家とフレーゲ家の関係は一層強いものになりました。クリムトとエミーリエは、家族で幾度もの夏をアッター湖で過ごします。その様子を収めた当時の写真を、本展にも出品しています。

 

エミーリエ・フレーゲは、ウィーンで2人の姉とともに最先端のモード・サロンを経営する聡明な企業家でした。女性が結婚をせず、経済的に自立していたことは、当時としては非常に珍しいことでした。

それゆえに、2人は互いを尊敬しあい、精神的にも経済的にも自立したパートナー、という関係を築いていきました。

 

「私は一度だって祭り上げられたことがないし、彼は一瞬たりとも私を崇拝しなかった。私たちは対等なパートナー、私たちは友情や家族、商売、それに愛情によって一つの網に織り込まれていたのよ。」

 

 

3姉妹の出発点は、下女のエプロンの改良でした。

そこからエミーリエたちは、女性たちをコルセットから解放する「改良服(リフォームドレス)」を販売するなどして、最盛期には80人ものお針子を抱えるほど事業を成功させていきます。

 

「このドレスをえばでもできる、どんなともべられる。きまわり、ートにり込み、どんなでも快適れる。」

 

 

 

 

ところで、《エミーリエ・フレーゲの肖像》は1903 年に開催された第18 回分離派展で初めて展示され、多くの好意的な評価を受けますが、当の本人はこの絵を気に入っておらず、1908年に売却してしまいます。

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》
1902年 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wine Museum / Foto Peter Kainz

 

物語では、エミーリエは青いドレスを気に入っていなかった、と表現されています。

実際にエミーリエはどの点が気に入っていなかったかはわかりませんが、エミーリエはキャリアのある女性実業家としてではなく、美しくも退屈なウィーン社会の淑女として描かれることを望んでいたのかもしれません。

 

 

「いったいどうしたら私をいてさっさと死ぬなんてできたのこの病院のベッドでもなく、がこけて、毒薬いがして、あなたのい、あなたのり、あなた自は — えてしまった。」

 

エミーリエはクリムトのことを回想しながら、アトリエを整理していきます。そして、自分に関係するものをすべて捨ててしまいます。

 

最後に、この先に起こる戦争によって、フレーゲ姉妹のサロンは店を閉じ、自分たちの痕跡が消えていくことを暗示して、舞台は幕を閉じます。

 

 

マキシ・ブラーハさんは、時に歌を交えながら情熱的にエミーリエを熱演。会場全体が、ブラーハさんが作る世界観に包まれました。

 

エミーリエ・フレーゲとクリムトの関係を知ると、また作品の見方が変わってくるかもしれません。一度ご覧になった方も、「エミーリエ来日中」のこの機会に、ぜひ再度本展へ足をお運びください。

 

■ ■ ■

 

6月14日、藤井フミヤさんによるトークショー開催決定!

詳細はこちら

 

 

直前の記事

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP