”音楽の都”ウィーンを旅する夕べ ロビーコンサートシリーズ 開催しました

ゴールデンウィーク期間中、国立新美術館で本展の関連音楽イベント 音楽の都ウィーンを旅する夕べ ロビーコンサートシリーズ~ を開催しました。

 

4月26日、ウィーン少年合唱団によるトークショーとコンサートを開催。ヨハン・シュトラウス(子)の「トリッチトラッチポルカ」などを披露し、国立新美術館のロビーに響く清らかな歌声に、多くの観客が魅了されました。

 

 

4月27日、ウィーン生んだ名器・ベーゼンドルファーアーティストの称号を持つ久元祐子さんが、モーツァルトのトルコ行進曲をはじめ、ウィーンゆかりの名曲を演奏。至福の音色に会場が包まれました。

 

 

5月2日は、注目の若手ソプラノ歌手・小林沙羅さんによるコンサートを開催。展覧会に関連作品が出品されるモーツァルト、ヨハン・シュトラウス2世、マーラーなど、ウィーンゆかりの作曲家による歌曲を歌い上げました。

‚

 

コンサートシリーズ最終回となる5月3日は、ウィーン在住のピアニスト・山口友由実さんが演奏。シューベルト、ツェムリンスキーの楽曲を披露し、来場者は優美な演奏に酔いしれました。

 

5月17日には、本展のメイン作品《エミーリエ・フレーゲの肖像》のモデルとなった女性の生涯を演じる一人芝居を開催します。

こちらもぜひご参加ください。

直前の記事

5月3日、山口友由実ピアノコンサート開催

5月3日18:00~、山口友由実さんによるピアノコンサートを開催します。 ■ ■ ■ ~”音楽の都”ウィーンを旅する夕べ ロビーコンサートシリーズ~  山口友由実・ピアノコンサート   ベーゼンドルファーと巡るウィーン芸

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」広報事務局
  • (ユース・プラニング センター内)
  • TEL:03-3406-3418(代)
  • FAX:03-3499-0958(代)
  • E-mail:wien2019@ypcpr.com
  • 平日 10:00 - 18:00
  • *土日祝日の対応はしておりません
ページTOP