国立新美術館内レストラン&カフェコラボメニューのご紹介

 

ウィーン・モダン展開催中、国立新美術館内の4つのレストラン&カフェで、本展とのコラボメニューを展開します。

鑑賞の余韻とともに、ウィーンの食文化にも触れ、五感でウィーンをお楽しみください。

【コラボメニュー実施期間:4月24日~8月5日】

 


ウィーン・モダン展特別コース 6,800円(税別)

料理長・植田潤が、「ウィーン料理」をテーマに、ウィーン独自の装飾的で煌きらびやかな文化にインスパイアされた特別コースをご用意します。

※ランチタイム(11:00-16:00)は、前菜・魚料理・デザートの3つを含む、展覧会特別ランチコース(4,800円)をご用意しております。

 

【前菜】

鴨フォアグラのソテーと牛頬肉の“グーラッシュ” シブレット風味のサワークリームと共に 

ハンガリーを起源とする「グーヤッシュ」(Gulyás)は、オーストリア、ドイツ南西部バイエルン地方、ルーマニア、チェコなど、中欧一帯で、それぞれ郷土料理として愛されます。オーストリアでは、「グーラッシュ」(Gulasch)と呼び、パプリカ風味のビーフシチューのことを指します。ここではフォアグラのソテーを合わせて、高貴な味わいに仕上げました。

 

【魚料理】 

スズキのロースト オレンジ風味のブールブランソース ホワイトアスパラガスとほうれん草のエチュベ

マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》 のモチーフをイメージして。

ふっくらとした身で、淡白な味わいのスズキに、白ワインとバターでつくる伝統的なブールブランソースを合わせた、フランス料理の黄金の組合せ。旬のホワイトアスパラガスとオリーブのピューレを添えて、上にのせたパートブリックが食感のアクセントに。

 

【肉料理】

ウィーン風仔牛ヒレ肉のエスカロップ ケッパー風味の焦がしバターソース 

じゃがいものピューレとグリーンサラダと共に

 

「ヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitzel」(ウィーン風仔牛ヒレ肉のカツレツに近い料理)は、北イタリアを起源とし、15、16世紀頃、ウィーンに伝わったとされています。起源はお祝いの料理で、今ではオーストリアの代表的な郷土料理として愛されています。フランスの伝統的な焦がしバターソースに爽やかなケッパーの酸味を添えてご用意しました。

 

【デザート】

“ザッハートルテ”チョコレートケーキと牛乳のアイスクリーム

1832年、16歳の料理人フランツ・ザッハーが、ウィーン帝国の政治家クレメンス・フォン・メッテルニヒの依頼で作った古典的なチョコレートケーキ。翌日にはウィーン中の話題になるほど好評を得て、「ザッハートルテ」はフランツ・ザッハーのスペシャリテとして広まりました。その後、ザッハーの次男エドゥアルトが開業した「ホテル・ザッハー」の名物菓子として提供されました。ハプスプルク家の皇帝にも愛された高貴な味わいをお楽しみください。

 


 

2Fサロン・ド・テ ロンド

 

ウィーン・モダン展 特別ケーキセット 1,400円(税別)

パッションフルーツとチョコレートのムースケーキ ヴァニラのマカロンを添えて

マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》 のモチーフをイメージして。

鮮やかな黄色と女性が醸し出す優雅でフェミニンな雰囲気を表現した一皿です。

 


 

1F カフェ コキーユ

 

ウィーン・モダン展特別ドリンク 600円(税別)

オレンジヨーグルト

「美貌の皇后」と呼ばれたオーストリア=ハンガリー帝国の皇妃エリザベート。美を保つために毎日オレンジを食べていたことで有名。オレンジのビタミンCたっぷり、美肌によいヨーグルトドリンクをご用意しました。

 


 

B1F カフェテリア カレ

ウィーン・モダン展特別メニュー

ウィーン風牛肉と野菜のシチューグーラッシュ バターライス添え  1,200円(税別)

ハンガリーを起源とし、オーストリアの土地に定着したパプリカ風味のビーフシチュー「グーラッシュ」。

たっぷりのお野菜とバターライスを添えて、ウィーンの家庭的な味をお楽しみください。

 

直前の記事

no image

GW期間中の開館時間

4月26日(金)~5月5日(土)までは、10:00から20:00まで開館します。 18時以降の夜間は、比較的混雑せずご鑑賞いただけます。 GW期間中の夜間開館の時間に、音楽イベントも開催予定です。ぜひ、イベントと合わせて

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

【アカウントリニューアルのお知らせ】
昨年、国立新美術館と国立国際美術館で開催したウィーン・モダン展。多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。
*
さて、本アカウントは、国立新美術館で6月3日から開催する「ファッション イン ジャパン 1945-2020  ー流行と社会」展のアカウントとして4月よりリニューアルいたします。
*
もんぺからKawaiiまで、世界が注目する日本ファッションの戦後から未来までを一挙にご紹介します。
どうぞお楽しみに!
*
#ファッションインジャパン展 
#fashioninjapanexhn 
#fashioninjapan 
#国立新美術館
「国民を勇気づけたワルツの天才」
・
ヨハン・シュトラウス2世は、ウィーンを中心に活躍した作曲家で、ワルツを数多く生み出し、ヨーロッパ中で絶大なる支持を得ました。
・
代表曲の「美しき青きドナウ」は、1866年にドイツとの戦争に敗れ、意気消沈する国民を鼓舞するために作られましたが、いまでは誰もがどこかで一度は耳にしたことのある、ウィーンを代表する有名な曲ですね。
ウィーンの音楽を聴いて、時代背景を感じながらの美術鑑賞もおすすめです!
・
明日4月27日、日本で唯一のベーゼンドルファー・アーティスト、久元祐子さんによるピアノコンサートを開催します!
・
久元祐子ピアノコンサート
【日時】4月27日(土)18:00~ ※聴講無料
【場所】国立新美術館(東京・六本木)・1階ロビー
・
ヴィクトル・ティルクナー≪作曲家ヨハン・シュトラウス(子)≫1894年 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

#ウィーンモダン展 #ウィーンモダン #国立新美術館 #国立国際美術館 
#ウィーン #展覧会 #美術館 #美術 #東京 #アート #ミュージアム #作品 
#芸術 #ヨハンシュトラス2世 #美しき青きドナウ #作曲家 #ワルツ #クラシック #CMソング #ウィーン少年合唱団 #音楽 #art #tokyo #museum #artmuseum #exhibition #wien #austria
「天使の歌声、ウィーン少年合唱団」
・
世界的に有名なウィーン少年合唱団は、1498年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が、宮廷礼拝堂少年聖歌隊として創設しました。かつては、シューベルトも団員だったという歴史のある少年合唱団です。
普段はウィーンのアウガルテン宮殿という宮殿の中で日常生活を送っていて、練習場も学校も宮殿内にあるそうです。
・
明日4月26日、彼らが国立新美術館にやってきます!美しく清らかな歌声を是非お楽しみください。
・
♪ウィーン少年合唱団トーク&コンサート♪
【日時】4月26日(金)18:45~ ※聴講無料
【場所】国立新美術館・1階ロビー(東京・六本木)

#ウィーンモダン展 #ウィーンモダン #国立新美術館 #国立国際美術館 
#ウィーン #展覧会 #美術館 #美術 #東京 #アート #ミュージアム #作品 
#芸術 #ウィーン少年合唱団 #合唱 #アウガルテン宮殿 #コンサート #音楽 #シューベルト #art #tokyo #museum #artmuseum #exhibition #wien #austria

読売新聞社の美術展

特別展「聖徳太子と法隆寺」
特別展「国宝 聖林寺十一面観音 -三輪山信仰のみほとけ」
ファッション イン ジャパン 1945-2020 —流行と社会
previous arrow
next arrow

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP