国立新美術館内レストラン&カフェコラボメニューのご紹介

 

ウィーン・モダン展開催中、国立新美術館内の4つのレストラン&カフェで、本展とのコラボメニューを展開します。

鑑賞の余韻とともに、ウィーンの食文化にも触れ、五感でウィーンをお楽しみください。

【コラボメニュー実施期間:4月24日~8月5日】

 


ウィーン・モダン展特別コース 6,800円(税別)

料理長・植田潤が、「ウィーン料理」をテーマに、ウィーン独自の装飾的で煌きらびやかな文化にインスパイアされた特別コースをご用意します。

※ランチタイム(11:00-16:00)は、前菜・魚料理・デザートの3つを含む、展覧会特別ランチコース(4,800円)をご用意しております。

 

【前菜】

鴨フォアグラのソテーと牛頬肉の“グーラッシュ” シブレット風味のサワークリームと共に 

ハンガリーを起源とする「グーヤッシュ」(Gulyás)は、オーストリア、ドイツ南西部バイエルン地方、ルーマニア、チェコなど、中欧一帯で、それぞれ郷土料理として愛されます。オーストリアでは、「グーラッシュ」(Gulasch)と呼び、パプリカ風味のビーフシチューのことを指します。ここではフォアグラのソテーを合わせて、高貴な味わいに仕上げました。

 

【魚料理】 

スズキのロースト オレンジ風味のブールブランソース ホワイトアスパラガスとほうれん草のエチュベ

マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》 のモチーフをイメージして。

ふっくらとした身で、淡白な味わいのスズキに、白ワインとバターでつくる伝統的なブールブランソースを合わせた、フランス料理の黄金の組合せ。旬のホワイトアスパラガスとオリーブのピューレを添えて、上にのせたパートブリックが食感のアクセントに。

 

【肉料理】

ウィーン風仔牛ヒレ肉のエスカロップ ケッパー風味の焦がしバターソース 

じゃがいものピューレとグリーンサラダと共に

 

「ヴィーナー・シュニッツェル Wiener Schnitzel」(ウィーン風仔牛ヒレ肉のカツレツに近い料理)は、北イタリアを起源とし、15、16世紀頃、ウィーンに伝わったとされています。起源はお祝いの料理で、今ではオーストリアの代表的な郷土料理として愛されています。フランスの伝統的な焦がしバターソースに爽やかなケッパーの酸味を添えてご用意しました。

 

【デザート】

“ザッハートルテ”チョコレートケーキと牛乳のアイスクリーム

1832年、16歳の料理人フランツ・ザッハーが、ウィーン帝国の政治家クレメンス・フォン・メッテルニヒの依頼で作った古典的なチョコレートケーキ。翌日にはウィーン中の話題になるほど好評を得て、「ザッハートルテ」はフランツ・ザッハーのスペシャリテとして広まりました。その後、ザッハーの次男エドゥアルトが開業した「ホテル・ザッハー」の名物菓子として提供されました。ハプスプルク家の皇帝にも愛された高貴な味わいをお楽しみください。

 


 

2Fサロン・ド・テ ロンド

 

ウィーン・モダン展 特別ケーキセット 1,400円(税別)

パッションフルーツとチョコレートのムースケーキ ヴァニラのマカロンを添えて

マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》 のモチーフをイメージして。

鮮やかな黄色と女性が醸し出す優雅でフェミニンな雰囲気を表現した一皿です。

 


 

1F カフェ コキーユ

 

ウィーン・モダン展特別ドリンク 600円(税別)

オレンジヨーグルト

「美貌の皇后」と呼ばれたオーストリア=ハンガリー帝国の皇妃エリザベート。美を保つために毎日オレンジを食べていたことで有名。オレンジのビタミンCたっぷり、美肌によいヨーグルトドリンクをご用意しました。

 


 

B1F カフェテリア カレ

ウィーン・モダン展特別メニュー

ウィーン風牛肉と野菜のシチューグーラッシュ バターライス添え  1,200円(税別)

ハンガリーを起源とし、オーストリアの土地に定着したパプリカ風味のビーフシチュー「グーラッシュ」。

たっぷりのお野菜とバターライスを添えて、ウィーンの家庭的な味をお楽しみください。

 

直前の記事

no image

GW期間中の開館時間

4月26日(金)~5月5日(土)までは、10:00から20:00まで開館します。 18時以降の夜間は、比較的混雑せずご鑑賞いただけます。 GW期間中の夜間開館の時間に、音楽イベントも開催予定です。ぜひ、イベントと合わせて

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

Instagram post 2167938583469786740_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介④★】
ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフがイチオシのグッズを紹介する第4弾は、周囲に差をつけるオシャレな文具です!
.
1887年にウィーンで創業したステーショナリーメーカー「コレス」の筆記具は、会場のグッズ売り場でも、ひときわ存在感を放つカラフルさ。ハイライナーは、発色も美しく、キャップを閉め忘れても4時間以内なら乾かないという驚きの品質です。
.
イエロー、ピンク、オレンジ、グリーンの4色展開で税別180円。ほかにも、可愛らしい色鉛筆や2穴シャープナーも。ウィーンっ子の気分であれこれ揃えてみるのも楽しいかも。
.
#ウィーンモダン展  #ウィーンモダン #国立国際美術館  #クリムト #シーレ #グッズ #コレス #ハイライナー #色鉛筆 #オシャレ文具 #文具  #美術館 #アート巡り #芸術の秋  #3連休 #おでかけ #中之島 #wien #osaka #art #大阪やのにウィーンなう
Instagram post 2126230176568472733_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介①★】 ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフが、イチオシの展覧会グッズをInstagramで紹介していきます!
.
記念すべき1回目にご紹介するのは、ウィーンに本店を置くお茶の名店「ハース&ハース」が提供する“フルーツティー”。
その中でも特に人気の高い「アプリコット」を実際に飲んでみました!
.
フルーツティーはドライフルーツや木の実をブレンドしており、飲んだ後にそれらを食べられるのが特徴。「アプリコット」にはリンゴやハイビスカスの花びら、ローズヒップの実などが含まれています。
.
お湯を注ぎ、待つこと10分。フルーツティー特有の綺麗なワインレッド色に染まってきました。甘酸っぱい柑橘系の香りで心が落ち着きます。
.
そのお味は・・・。
.
アプリコットの酸味とまろやかな甘みが口の中いっぱいに!飲みながらスプーンでフルーツをすくい、「これはリンゴ?」「ハイビスカス見っけ」と予想したりお宝探しをしたりしながら、全部食べてしまいました。
ハチミツを入れても美味しいそうです。個人的には、濃いめに作ることをオススメします!
.
そんな「アプリコット」はウィーン・モダン展大阪会場ショップで好評販売中です。100gで1300円(税別)。
.
それ以外にも合計10種類のフルーツティー、フレーバーティーを販売しているので、ぜひ会場でチェックしてください!
.
#ウィーンモダン展 #ウィーンモダン #国立国際美術館 #フルーツティー #アプリコット #ハイビスカス #フルーツ #グッズ #クリムト #シーレ #ウィーン #展覧会 #アート #美術館 #美術 #芸術 #中之島 #オシャレグッズ #アート巡り #wien #osaka  #art

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP