ウィーン世紀末ファッション

《エミーリエ・フレーゲのドレス》 (複製、1909年製作のドレスに基づく) コットンジャージー、シルクタフタ、オーガンザ    ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

1900年頃、富裕層の人々の間では、最新のファッションをまとってリング通りを散歩することが流行します。フレーゲ姉妹がモード・サロンを開いたように、モード界では20世紀初頭から女性が社会進出を果たしています。1904年、ウィーン6区にフレーゲ姉妹のサロン「カーサ・ピッコラ」が開店したのに際し、クリムトはロゴマークを、ホフマンとモーザーが室内装飾を担当しています。フレーゲ姉妹のサロンは、貴族階級や新興ブルジョワたちを顧客に繁盛しました。1905年になると、ウィーン工房にもテキスタイル部門が創設されます。1911年にはモード部門も立ち上がりました。同じ年、当時、パリで大活躍していたファッ
ション・デ ザイナ ー 、ポール・ポワレがウィーンでファッションショーを開 催し、ウィーン工 房のテキスタイルに感激し、大量に買い付けました 。ウィーン工房においても、マリア・シュトラウス=リカルツがモード画を描くなど、ファッションの分野では多くの女性たちが活躍しました。

 

 

直前の記事

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP