【作品紹介】アドルフ・ロース《ゴールドマン&ザラチュのオフィスビル:模型》

アドルフ・ロース 《ゴールドマン&ザラチュのオフィスビル:模型》(縮尺1:50)(ミヒャエラープラッツ3番地) 1984-85年 合成素材 73 x 150 x 92 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum

別名「ロースハウス」と呼ばれる本作品は、ロースの代表作品です。ホーフブルク宮殿の入口であるミヒャエル門に対峙する場所に建設された建物です。もともと低層部分は紳士服店、上層部分は集合住宅として設計されたものです。店舗部分のファサードには緑色の大理石が用いられ、古典様式建築の装飾をそぎ落とした直線的なデザインは当時批判を浴び、ウィーン市の建設局から建設中止命令が出ました。花を窓辺に飾ることで、この問題は解決されました。

直前の記事

【作家紹介】アドルフ・ロース

アドルフ・ロース(1870-1933) 石工の父の下、モラヴィア地方ブルノ(現チェコ共和国)生まれ。ドレスデン工科大学で学んだ後、1893-96年までアメリカに滞在。その後、ウィーンで建築家および批評家として活動し、近代

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

Instagram post 2167938583469786740_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介④★】
ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフがイチオシのグッズを紹介する第4弾は、周囲に差をつけるオシャレな文具です!
.
1887年にウィーンで創業したステーショナリーメーカー「コレス」の筆記具は、会場のグッズ売り場でも、ひときわ存在感を放つカラフルさ。ハイライナーは、発色も美しく、キャップを閉め忘れても4時間以内なら乾かないという驚きの品質です。
.
イエロー、ピンク、オレンジ、グリーンの4色展開で税別180円。ほかにも、可愛らしい色鉛筆や2穴シャープナーも。ウィーンっ子の気分であれこれ揃えてみるのも楽しいかも。
.
#ウィーンモダン展  #ウィーンモダン #国立国際美術館  #クリムト #シーレ #グッズ #コレス #ハイライナー #色鉛筆 #オシャレ文具 #文具  #美術館 #アート巡り #芸術の秋  #3連休 #おでかけ #中之島 #wien #osaka #art #大阪やのにウィーンなう
Instagram post 2126230176568472733_8543901150 【★担当者のイチオシグッズ紹介①★】 ウィーン・モダン展大阪会場チームのスタッフが、イチオシの展覧会グッズをInstagramで紹介していきます!
.
記念すべき1回目にご紹介するのは、ウィーンに本店を置くお茶の名店「ハース&ハース」が提供する“フルーツティー”。
その中でも特に人気の高い「アプリコット」を実際に飲んでみました!
.
フルーツティーはドライフルーツや木の実をブレンドしており、飲んだ後にそれらを食べられるのが特徴。「アプリコット」にはリンゴやハイビスカスの花びら、ローズヒップの実などが含まれています。
.
お湯を注ぎ、待つこと10分。フルーツティー特有の綺麗なワインレッド色に染まってきました。甘酸っぱい柑橘系の香りで心が落ち着きます。
.
そのお味は・・・。
.
アプリコットの酸味とまろやかな甘みが口の中いっぱいに!飲みながらスプーンでフルーツをすくい、「これはリンゴ?」「ハイビスカス見っけ」と予想したりお宝探しをしたりしながら、全部食べてしまいました。
ハチミツを入れても美味しいそうです。個人的には、濃いめに作ることをオススメします!
.
そんな「アプリコット」はウィーン・モダン展大阪会場ショップで好評販売中です。100gで1300円(税別)。
.
それ以外にも合計10種類のフルーツティー、フレーバーティーを販売しているので、ぜひ会場でチェックしてください!
.
#ウィーンモダン展 #ウィーンモダン #国立国際美術館 #フルーツティー #アプリコット #ハイビスカス #フルーツ #グッズ #クリムト #シーレ #ウィーン #展覧会 #アート #美術館 #美術 #芸術 #中之島 #オシャレグッズ #アート巡り #wien #osaka  #art

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP