ウィーンのインテリア:ビーダーマイアー様式からウィーン工房へ

ダゴベルト・ペ ッヒェ 《ティー セット》 製作:ウィーン工房 1922-23年頃 象牙、エンボス加工された銀 ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

ビーダーマイアー様式の家具は、装飾を排し、軽やかな直線とシンプルで優雅な曲線が特徴的です。「ビーダーマイアー」とは、ミュンヘンで出版された風刺小説の登場人物、小学校教師「ゴットリープ・ビーダーマイアー」の名前から取られたもので、「小市民」を意味する言葉として転用されました。検閲の厳しかった当時、人々の関心は、豪華絢爛な貴族趣味の芸術ではなく、小市民的な簡素で心地よい生活空間へ向けられました。

1903年、建築家のヨーゼフ・ホフマン、デザイナーのコロマン・モーザーを中心に設立された「ウィーン工房」の家具は、簡素さ、機能性、幾何学的構成、素材の特性を生かしたデザインが特徴です。英国のアーツ・アンド・クラフツ運動の思想から影響を受けて「万人のための芸術」を目指し、1900年の第8回分離派展で紹介されたグラスゴー派のチャールズ・レニー・マッキントッ
シュやビーダーマイアー様式を着想源としました。生活の総合的なデザインを目指し、近代的な生活に適した、シンプルで洗練された生活空間を創出する建築や家具、銀器、陶器、テキスタイル、ジュエリーなどをデザイン、制作しました。

直前の記事

ウィーンの音楽

ハプスブルク帝国の首都ウィーンは、音楽の都として有名です。皇帝は宮廷楽団を持ち、コンサートやオペラを上演し、市民も音楽を楽しみました。ウィーンに住む帝国内の貴族たちもこぞってそれを真似し、自らの楽団を持ち、自分の領土で音

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」広報事務局
  • (ユース・プラニング センター内)
  • TEL:03-3406-3418(代)
  • FAX:03-3499-0958(代)
  • E-mail:wien2019@ypcpr.com
  • 平日 10:00 - 18:00
  • *土日祝日の対応はしておりません
ページTOP