【作家紹介】アドルフ・ロース

International Friends of Wien Museum, Asenbaum Collection ©Decorative Arts Consult

アドルフ・ロース(1870-1933)
石工の父の下、モラヴィア地方ブルノ(現チェコ共和国)生まれ。ドレスデン工科大学で学んだ後、1893-96年までアメリカに滞在。その後、ウィーンで建築家および批評家として活動し、近代建築の地平を切り拓きました。ロースは「装飾は犯罪」と主張し、装飾をそぎ落とした機能的な建築を追求します。第一次世界大戦後はウィーン住宅局長に就任。1920年代にはフランスでも活動しました。

直前の記事

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP