【作品紹介】マクシミリアン・レンツ 《シルク=エッケ(リンク通りとケルントナー通りの角)》

マクシミリアン・レンツ 《シルク=エッケ(リンク通りとケルントナー通りの角)》 1900年 油彩/カンヴァス ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

マクシミリアン・レンツもウィーン分離派の創立会員でした。

シルク=エッケはオペラ座のそばのケルントナー通りとリンク通りが交差する角で、当時、待ち合わせの場所として有名でした。本作品は、活気溢れる世紀末ウィーンの都市風景の一瞬を切り取ったかのような構図が特徴的です。電灯や広告塔がある近代的な都市空間に、流行のファッションに身を包んだ紳士淑女や馬車、そして当時まだ新しかった自転車が活発に行き交う様子が描かれています。

直前の記事

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP