ウィーン分離派とは?

モーリツ・ネール《 ウィーン分離派メンバー》 1902年 写真 53.9 x 74.6 cm ウィーン・ミュージアム蔵 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz ※東京展のみ

ウィーン造形芸術家協会において、会員たちの間で意見の対立が生じ、クリムトやコロマン・モーザーら若手を中心とする約20人の芸術家たちは、1897年にウィーン分離派を結成します。名誉会長にはルドルフ・フォン・アルト、初代会長にはクリムトが選出されました。「分離派」という名称のグループは、既に1892年にフランツ・フォン・シュトゥックを中心にミュンヘンで結成されていたもので、ウィーンでの結成の翌1898年には、ベルリンでも同様の団体が結成されています。
ウィーン分離派の主な目的は、美術市場からの独立した展覧会を開催すること、そして他国の芸術家たちとの交流を深めることにありました。分離派会館はヨーゼフ・マリア・オルブリヒによって設計され、1898年11月に開催された第2回分離派展と同時に開館しました。クリムトの《パラス・アテナ》はこの時に展示されたものです。展示スペースと同様に重要だったのが、機関紙『ヴェル・サクルム(聖なる春)』の出版です。1898年1月に創刊し、1903年の廃刊まで毎月発行されました。

 

直前の記事

【作家・作品紹介】エゴン・シーレ《自画像》

オーストリアの表現主義者たちは、ドイツ表現主義として知られる、ベルリンの「ブリュッケ(橋)」やミュンヘンの「青騎士」のように〈集団〉としての結束力を持ちませんでした。しかし、彼らは共通して、表情や身振りの描写を通じ、描か

続きを読む

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

オンラインチケット

coming soon...

  • イベント・講演会
  • 出品目録
  • 図録通販サイト
  • グッズ

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」広報事務局
  • (ユース・プラニング センター内)
  • TEL:03-3406-3418(代)
  • FAX:03-3499-0958(代)
  • E-mail:wien2019@ypcpr.com
  • 平日 10:00 - 18:00
  • *土日祝日の対応はしておりません
ページTOP