【作家紹介】グスタフ・クリムト

モーリツ・ネール 《猫を腕に抱くグスタフ・クリムト》(部分) 1911年頃 ©Wien Museum / Foto Peter Kainz

 

グスタフ・クリムト(1862-1918)は、彫金師の父の下、ウィーン近郊のバウムガルテンに生まれます。1876年にウィーン工芸美術学校に入学。画家のハンス・マカルトの象徴的な歴史画の影響を受けました。
1883年には弟エルンストと画家フランツ・フォン・マッチュと共同で芸術的装飾の事業を立ち上げ、ブルク劇場やウィーン美術史美術館などの壁画装飾を担当しました。1897年にウィーン分離派を結成し、初代会長となります。
クリムトは、音楽や工芸、建築など多岐に渡る分野の芸術家と広い交流を持ちました。1905年の分離派脱退後も求心力は衰えず、とりわけシーレやココシュカといった後進の画家の画風形成に大きな役割を果たしました。

最新一覧

アカウントフォローで最新情報をお届け

展覧会SNS

読売新聞社の美術展

Arrow
Arrow
Slider

報道関係のお問い合わせ先

  • 「ウィーン・モダン展」大阪展 広報事務局
  • <Nene Laco.(ネネラコ)内>
  • TEL:06-6225-7885
  • FAX:06-7635-7587
  • E-mail:art-pr@nenelaco.com
ページTOP