【開幕】「憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷」国立西洋美術館で6月11日まで

NEW
クロード・モネ 《ポール=ドモワの洞窟》 茨城県近代美術館、撮影・青山謙太郎

憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷
会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)
会期:2023年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(毎週金・土曜日は午後8時まで)
*入館は閉館の30分前まで
*5月1日~4日は午後8時まで開館
観覧料金:一般2,100円/大学生1,500円/高校生1.100円/中学生以下無料
公式サイトは(https://bretagne2023.jp)へ。
公式ツイッター(@bretagne2023

開幕前日の内覧会を取材しました

モーリス・ドニ《若い母》国立西洋美術館 松方コレクション

3月18日から国立西洋美術館(東京・上野公園)で始まる「憧憬しょうけいの地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷」の内覧会を取材しました。ブルターニュという土地が画家たちを創作へとかき立てる磁場の強さに驚くばかりです。

錚々たる画家たちが描いたブルターニュ

ブーダン、モネ、ゴーガン、シニャック、と錚々たる顔触れの作品が揃い、贅沢です。モチーフが近いので、比較して見るのも楽しいです。ブルターニュに行きたくなります(笑)。

右からウジェーネ・ブーダン《ブレスト、停泊地》愛媛県美術館 ブーダン《トリスタン島の眺望、朝》ポーラ美術館
右からクロード・モネ 《ポール=ドモワの洞窟》 茨城県近代美術館 モネ《嵐のベリール》オルセー美術館(パリ)、撮影・青山謙太郎
ポール・シニャック《ポルトリュー、グールヴロ》ひろしま美術館
ポール・ゴーガン 《海辺に立つブルターニュの少女たち》 国立西洋美術館 松方コレクション、撮影・青山謙太郎

独特の文化を伝える大作や日本人画家が描いた作品

シャルル・コッテ《悲嘆、海の犠牲者》国立西洋美術館 松方コレクション、撮影・青山謙太郎

シャルル・コッテの《悲嘆、海の犠牲者》といった大作や、アンリ・リヴィエールの版画、黒田清輝、坂本繁ニ郎ら日本の画家の作品など表現は実に多彩。風土の持つ力を感じます。

アンリ・リヴィエール 連作「ブルターニュ風景」より《サン=タンヌ=ラ=パリュ教会のバルドン祭》多色木版(5枚続)国立西洋美術館
黒田清輝 《ブレハの少女》 石橋財団アーティゾン美術館

松方コレクションやパリ・オルセー美術館などから選りすぐりの約160点でフランスの内なる異郷、ブルターニュの知られざる美術史を旅します。「憧憬の地 ブルターニュ」は国立西洋美術館で6月11日(日)まで。

第1章「見出されたブルターニュ:異郷への旅」展示風景、撮影・青山謙太郎
第2章「風土にはぐくまれる感性:ゴーガン、ポン=タヴェン派と土地の精神」展示風景、撮影・青山謙太郎

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)