「八木亜希子のおしゃべりミュージアム」 池田20世紀美術館 20世紀の巨匠たちの名作を堪能 BSフジで2月12日放送

番組名:『八木亜希子のおしゃべりミュージアム』

第26回「池田20世紀美術館」

放送:BSフジ 2月12日(土) 14:00~14:55 

番組ホームページ(https://www.bsfuji.tv/osyaberi/pub/

フリーキャスターの八木亜希子が国内の魅力ある美術館や博物館をめぐる「八木亜希子のおしゃべりミュージアム」。今回は、静岡県伊東市にある50年近くの歴史を持つ池田20世紀美術館に訪れました。伊豆半島、JR伊東駅からバスで30分。森と美しい湖に囲まれた山中にこの美術館はあります。

開館は1975年5月。日本を代表するアスファルト舗装材料メーカーの創立者・池田英一さんが創設した日本初となる20世紀美術専門の私立美術館。およそ1400点の所蔵作品は、ほとんどが生前の池田さんのコレクション。そのコレクションは有名作家の作品ばかりで、ピカソ、ダリ、ミロ、シャガール、マティス、ムンクなど20世紀を代表する有名作家たちの作品です。

この美術館の魅力、そしてコレクションについて館長の伊藤康伸さんに話を伺います。さらに大変貴重な美術館所蔵庫に特別な許可の元、八木亜希子が入らせてもらうことに。そこには館内に展示しきれていない名作が、いくつも大切に保管されていました。実はこのような貴重な作品を保存することは、美術館としての大切な使命。この美術館の絵画全ての修復を担当する絵画修復士・上野淑美さんの解説の元、今回番組では特殊なカメラとライトを使って著名作家たちの制作の秘密に迫ります。一体どんな秘密が隠されているのでしょうか…

世界を代表する有名作家たちの足跡と作品の中に隠された秘密を八木亜希子がおしゃべりで紐解いていきます。

(読売新聞美術展ナビ編集班)