【プレビュー】「合田佐和子展 帰る途(みち)もつもりもない」 激動の時代を駆け抜けた才能、没後初の大回顧展 三鷹市美術ギャラリーで1月28日から

《もの思うベロニカ》1972年 森田陽司氏蔵

合田佐和子展 帰る途(みち)もつもりもない

  • 会期

    2023年1月28日(土)3月26日(日) 前期(~2月26日)、後期(2月28日~)で展示替えあり
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円/65歳以上・学生(大・高)300円

    ※中学生以下および障害者手帳等をお持ちの方は無料

  • 主催

    三鷹市美術ギャラリー・(公財)三鷹市スポーツと文化財団
  • 休館日

    月曜日

  • 開館時間

    10:00〜20:00 (入館は午後7時30分まで)
  • 特別協力

    高知県立美術館(公益財団法人高知県文化財団)
  • カレンダーへ登録

立ち止まることなく作風を変化

異色の美術家・合田佐和子(1940-2016、高知出身)の没後初、約20年ぶりとなる大規模な回顧展です。合田は1965年の個展デビュー以来、ひとつの作風に留まらず、また広く知られる唐十郎、寺山修司らとの協働など様々な領域で多彩に活躍しました。本展では新たな視点を交えて、初期から最晩年に至る画業の全容に迫ります。

「アングラの女王」として脚光

展覧会では、作風が大きく変化する1985年のエジプト移住の前後で区切り、前半生(1940-1984)、後半生(1986-2016)の2部構成で作品を紹介します。

1960年代後半に奇怪でエロティックなオブジェを制作していた合田は、唐十郎や寺山修司の眼にとまり、「状況劇場」「天井桟敷」という当時、一世を風靡したアングラ劇団との協働を始めます。初期作や、ポスターや原画、舞台美術の構想図などを紹介します。

《夜光虫》1963年 宮城県美術館蔵
《母になったミュータント》 1970年 個人蔵

「タナトス・グレー」に彩られた妖しき作品

1970年代から独学ではじめた油彩画。マレーネ・ディートリッヒやリリアン・ギッシュら往年の銀幕スターや、セルジュ・リファールら伝説的ダンサーの姿などを、「タナトス・グレー」と呼ばれる独自の灰色がかった色調で描き出しました。

《くわえタバコのディートリヒ》1973年 高松市美術館蔵
《セルジュ・リファール》1975年 みうらじろうギャラリー蔵
《おちょこの傘持つメリー・ポピンズ》1976年 個人蔵
《中国の不思議な役人》1977年 個人蔵

転機となったエジプトへの移住

美術家としての知名度も安定した1985年、合田は念願のエジプト移住を果たします。圧倒的な自然に囲まれた日常は、合田の人生そのものを揺さぶる転機となりました。帰国後、画風は明るく光に満ちた色彩へと変化していきます。

《ディートリヒの青い眼》1994年 JEANS FACTORY蔵
《グレタの眼》1996年 JEANS FACTORY蔵
《シリウスの小包み》1999年 宮内正幸氏蔵
《ファイヤーオパール》2010年 個人蔵
《ニジンスキー》2011年 JEANS FACTORY蔵

初期のオブジェから初公開となる晩年の鉛筆画シリーズまで、約300点の作品や資料を展示します。激動の時代を走り続けた稀有な才能を再確認できる、貴重な機会です。

(美術展ナビ編集班 岡部匡志)