【開幕】「不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選」泉屋博古館東京(六本木)で2月26日(日)まで 世界屈指の中国青銅器コレクションが一堂に 青銅器の世界をあらゆる角度で学べる絶好の機会

《虎卣》殷後期 泉屋博古館蔵

不変/普遍の造形―住友コレクション中国青銅器名品選―
会場:泉屋博古館東京(東京都港区六本木1-5-1)
会期:2023年1月14日(土)~2月26日(日)
休館日:月曜日
アクセス:東京メトロ南北線の六本木一丁目駅北改札正面 泉ガーデン1F出口から徒歩3分、日比谷線の神谷町駅4b出口から徒歩10分、銀座線・南北線の溜池山王駅13番出口から徒歩10分
観覧料:一般1000円、高校生・大学生600円、中学生以下無料
※問い合わせはハローダイヤル(050・5541・8600)へ。
※詳細情報はホームページ(https://sen-oku.or.jp/tokyo/)で確認を。

1月14日(土)から2月26日(日)まで泉屋博古館東京で「不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選」が開催されます。昨年から開催されてきたリニューアルオープン記念展の第4弾で、フィナーレとなる本展では、世界屈指の住友コレクションの中国青銅器を一堂に展示。4章構成で中国青銅器の魅力を掘り下げます。開幕前の内覧会を取材しました。

造形美と機能性を両立

「Ⅰ 神々の宴へようこそ」では、約3000年前、殷周時代(縄文時代の終わり頃)につくられた青銅器が勢ぞろい。これらは祖先の神々をもてなす「まつり」で使われた特別な器で、食器・酒器・水器などと用途が明確です。

《虎卣》殷後期 泉屋博古館蔵 「卣」は酒や、酒に香りづけするめの香草の煮汁を入れる器

こちらは《虎卣こゆう》。酒などを入れる器です。器を埋め尽くす虎、鹿、蛇――。中央にいる、今にも虎にのみこまれそうな人間は、守られているのでしょうか……?

ちなみに、上部の鹿は「つまみ」の役割を果たし、蓋が開くしかけになっています。さらに、把手とっては一定の角度以上に倒れないように設計されているそうです。

圧倒的な造形美、緻密な文様はもちろん、機能性も追求していたことに驚嘆。もはや超絶技巧の世界です。

《饕餮文ほう形卣》 殷後期 泉屋博古館蔵
《円渦文敦》戦国前期 泉屋博古館蔵 「敦」は穀物を盛るための器
左から《象文兕觥》 殷後期、《虎鴞兕觥》西周後期、《げん兕觥》西周前期 泉屋博古館蔵 「兕觥」は酒や水を注ぐ器 

文様モチーフの秘密に迫る

「Ⅱ 文様モチーフの謎」の展示風景

展覧会などで青銅器を鑑賞するとき、独特の文様やモチーフに見とれる方も多いでしょう。「Ⅱ 文様モチーフの謎」では、文様・モチーフをじっくりと見つめながら、その背景や意図についても知ることができます。

《鴟鴞尊》殷後期 泉屋博古館蔵 「尊」は酒を盛る器
《戈卣》 殷後期 泉屋博古館蔵 鴟鴞(フクロウ・ミミズク類)が2羽、背中合わせになっている。

たとえば、殷代に多く用いられた文様モチーフが、フクロウ・ミミズク類を指す鴟鴞しきょうでした。一見すると可愛らしいですが、実は古代中国では、鴟鴞は不吉とみなされていたそうです。だからこそ邪霊を払う力を期待する、「毒をもって毒を制す」発想の表れであるという解説に納得しました。

金文を読み解く

「Ⅲ 古代からのメッセージ―金文きんぶん―」では、器に施された「金文」(漢字の祖先)に着目。解説パネルの現代語訳を読むと、器をつくるきっかけとなった出来事や、器を「子々孫々永く宝」としてほしいという願いなど、様々な情報が器に残されていたことがわかります。器が人々の手で意思をもってつくられたことがリアルに伝わり、さらに、当時の人々の個性も垣間見られる興味深い展示です。

《䇚簋》 西周中期 泉屋博古館蔵

青銅器と煎茶

そもそも、コレクターたちはどんな目的で中国青銅器を収集し、どのように鑑賞していたのでしょうか。その答えのひとつが、「Ⅳ 中国青銅器鑑賞の歴史」で提示されています。展示を見ると、中国青銅器が煎茶の世界で愛されていたことがわかります。

「Ⅳ 中国青銅器鑑賞の歴史」の展示風景

ちなみに、住友コレクションの中国青銅器は、ほとんどが第15代当主の住友春翠しゅんすい(1864年〜1926年)によって収集されたもの。煎茶を好んだ春翠は、茶会の床飾りのために中国青銅器を購入したことをきっかけに、熱心な収集活動を始めたそうです。

青銅器ブームが到来!

「最近、青銅器ブームがきています!」と同館学芸員の山本たかしさんは話しています。同じ港区内の根津美術館では「遊びの美」の同時開催展 「古代中国の青銅器」、松岡美術館では「松岡コレクション めぐりあうものたちVol.3」特別展示「中国青銅器 金文」と、両館でも青銅器にまつわる展覧会を鑑賞できます。「港区内3館をめぐる 中国古代青銅器デジタルスタンプラリー」に参加すると、「おでかけしきょうそん」(※)がもらえます。(2月5日(日)まで)

※本展で展示されている鴟鴞尊しきょうそんの3D ARフォトフレーム

「おでかけしきょうそん」を好きな場所に呼び出せます。

「不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選」は泉屋博古館東京(六本木)で1月14日(土)から2月26日(日)まで。中国青銅器について用途や文様、金文など様々な角度でひも解く本展は、「青銅器の入門編」としてもおすすめです。本展はもちろんのこと、今後、他の展覧会で青銅器を鑑賞する際の「視点」が増え、より多くの発見や驚きと出会えることでしょう。

(読売新聞美術展ナビ編集班・美間実沙)