【プレビュー】アニメーション展覧会の新しいあり方を楽しむ 「ONI展」 PLAY! MUSEUMで1月21日開幕

『ONI ~ 神々山のおなり』場面写真 Ⓒ 2022 Tonko House Inc.

トンコハウス・堤大介の「ONI展」
会場:PLAY! MUSEUM(東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3 棟 2F)
会期:2023年1月21日(土)~4月2日(日)
アクセス:JR立川駅北口・多摩モノレール立川北駅北口より徒歩約10分
開館時間:10:00~17:00(土日祝は18:00まで/入場は閉館の30分前まで)
入場料(税込):一般 1,800円 、大学生1,200円、高校生 1,000円、中・小学生 600円、未就学児無料
〇割引制度あり(立川市在住・在学者、障害者など)
※会期中無休(3月5日㊐を除く)
※当日券で入場できます。休日および混雑が予想される日は事前決済の日付指定券(オンラインチケット)がおすすめです。詳細はhttps://play2020.jp/へ。

注目の「トンコハウス」の最新作をリアルに

アメリカのアニメーションスタジオ「トンコハウス」が制作し、昨年秋にNetflixオリジナル作品として公開され、注目を集める長編アニメーション『ONI ~ 神々山のおなり』をテーマにした展覧会です。同作は全4話(計154分)の3DCGアニメーション。古くから日本で描かれてきた「鬼」を題材に、森に暮らすユーモラスな妖怪や神々たちが、誰の心にも潜む恐れと向き合いながら成長するストーリーです。「トンコハウス」はピクサー出身の堤大介とロバート・コンドウが率いるスタジオ。デビュー作『ダム・キーパー』(2014)がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど、その実力は世界的に高く評価されています。

「ONI展」メインビジュアル Ⓒ 2022 Tonko House Inc.
『ONI ~ 神々山のおなり』場面写真 Ⓒ 2022 Tonko House INC.
『ONI ~ 神々山のおなり』場面写真 Ⓒ 2022 Tonko House INC.
『ONI ~ 神々山のおなり』場面写真 Ⓒ 2022 Tonko House INC.

「和」のテイストで作品世界に没入

本展では、イマジネーション豊かな『ONI』の世界を、空間演出で感じる新しいエンタテインメント体験を提供します。「PLAY!  MUSUEM」の大きな空間を歩きながら、複数のスクリーンと自然を感じる音響を通じて、作品の世界に飛び込んだような没入感を体験します。手漉きの和紙スクリーンに映像を投影し、和紙と竹ひごでつくられた提灯が会場のあちこちを照らします。鬼や妖怪のお面、大きな凧などが展示され、リアルな異空間を作り上げます。

「ONI展」会場イメージ Ⓒ DRAWING AND MANUAL
「ONI展」会場イメージ Ⓒ DRAWING AND MANUAL
「ONI展」会場イメージ Ⓒ DRAWING AND MANUAL

お面や凧は、国内有数の民俗資料コレクションを所有する武蔵野美術大学  美術館・図書館  民俗資料館の協力を仰ぎ、展示します。

赤鬼<山形張子> 展示協力:武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料館

ハリウッドの映像作りも見られる

『ONI』のストーリーが生まれるきっかけから完成まで、ハリウッド発の本格3DCGアニメーションが生み出される制作過程を紹介します。

最初に描いたコンセプト・スケッチ Ⓒ 2022 Tonko House Inc.
世界観やキャラクター設定を表す資料 Ⓒ 2022 Tonko House Inc.

グッズも充実

『ONI』のキャラクターやトンコハウスのメッセージをあしらったアイテムなど、関連グッズも充実しています。

『ONI ~ 神々山のおなり』関連グッズ「ONI 苔テラリウム」(数量限定販売)
(左)「ONI ぬいぐるみ(おなり)」3,300 円(税込予価)、(右)「ONI ぬいぐるみ(かっぱ)」3,500 円(税込予価)
「サコッシュ」3,080 円(税込予価)

PLAY! CAFE では『ONI』のストーリーを感じられるメニューが勢ぞろい。

「なりどん かおプレート」1,750 円(税込)
「なりどん特製 おべんとう」1,680 円(税込)

PLAY! PARK では『ONI』の世界を感じるあそびを、遊具やワークショップ、 ライブイベントを通して開催します。

PLAY! PARK「ONI 展」関連企画「雷をひびかせよう」

堤大介氏からのメッセージ

堤大介氏

『以前アメリカの有名な雑誌で、「日本に旅するなら必ず行くべき美術館の一つ」としてPLAY! MUSEUMがリストされていました。その記事を読んでからトンコハウスの中でも話題になっていたPLAY!さんから「ONI展」のお話をいただくことになるなんて夢にも思いませんでした。ご提案いただいた展覧会の内容も、想像していたものよりも、夢があり、斬新で新しい。家でコンテンツを消費する時代の中、この展覧会はこの「場」でしか体感できないはず』

<堤大介氏のプロフィール>東京都出身。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒業。ルーカス・ラーニング、ブルー・スカイ・スタジオなどで『アイスエイジ』や『ロボッツ』などのコンセプトアートを担当。2007年ピクサーに招聘されアートディレクターとして『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを手がける。2014年7月ピクサーを去りトンコハウスを設立。初監督作品『ダム・キーパー』は2015年米アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネート。2021年には日本人として初めて米アニー賞のジューン・フォレイ賞を受賞。一冊のスケッチブックに71人の著名なアーティストが一枚ずつ絵を描き、手渡しで世界中を巡るというプロジェクト『スケッチトラベル』の発案者でもある。

(美術展ナビ編集班 岡部匡志)