【プレビュー】「リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション」京都国立近代美術館で1月28日から 「リュイユ」の歴史をたどる日本初の展覧会

「リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション」
会期:2023 年 1 月 28 日(土)~ 4 月 16 日(日)
会場:京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町26-1 )
開館時間:午前 10 時~午後 6 時
※入館は閉館の 30 分前まで
※金曜日は午後 8 時まで開館(2 月 3 日、 2 月 10 日、 4 月 14 日を除く)
観覧料:一般:430円、 大学生:130円
休館日:月曜日
アクセス:市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ、または地下鉄東西線「東山」駅下車、徒歩約10分
詳しくは同館の展覧会HPへ。

「リュイユ―フィンランドのテキスタイル:トゥオマス・ソパネン・コレクション」が京都国立近代美術館で1月28日(土)から4月16日(日)まで開催されます。

「リュイユ」とは、フィンランドの伝統的な織物です。フィンランドのアイデンティティが表れたアートテキスタイルとして古くから親しまれ、16世紀にはすでに寝具として用いられていました。本展は、リュイユの著名なコレクションである「トゥオマス・ソパネン・コレクション」から約40点を展示し、リュイユの歴史をたどります。リュイユをまとめて見られる日本初の展覧会です。

1950年代以降に制作された作品を中心に

本展では、リュイユが「フィンランド・デザイン」として国際的な評価を高めていった1950年代以降の作品を中心に紹介。エヴァ・ブルンメルやウフラ=ベアタ・シンベリ=アームストロム、リトヴァ・プオティラなど、50年代以降に活躍したデザイナーの代表作を見ることができます。

エヴァ・ブルンメル《聖霊降臨祭のたきび》1956 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
ウフラ= ベアタ・シンベリ= アールストロム《採れたての作物》1972 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
リトヴァ・プオティラ《赤い塔》1960 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

パリ万博のためにデザインされた《炎》も

また、1900年のパリ万博でフィンランド館を彩った《炎》(1983年に再制作)も展示されます。曲線的で左右非対称のモティーフが大きく配置されたこのデザインは、画家のアクセリ・ガッレン=カッレラによって生み出されました。《炎》は、リュイユの歴史のなかの新たなデザインとなり、1917年に実現するロシアからの独立を視野に、ナショナル・ロマンティシズムの一端を担います。

アクセリ・ガッレン= カッレラ《炎》1899 年(デザイン) / 1983 年(再制作)トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

会場で堪能したい絶妙な色彩表現

レーナ= カイサ・ハルメ《青い夜》2006 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

リュイユの魅力のひとつが色彩表現。微妙に異なる色の糸を点描のように組み合わせることで、複雑な色調を実現しています。

アイノ・カヤニエミ《おとぎの国》2015 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam
メリッサ・サンマルヴァーラ《紅葉》2020 年 トゥオマス・ソパネン・コレクション Photo: Katja Hagelstam

さらに近年は、ウールのみならず、リネンやヴィスコースなど異なる質感の素材を用いて、より複雑な表現へと展開しています。リュイユの色面が醸し出す柔らかさ、あたたかさは、実物と対峙することでこそ味わえるもの。ぜひ展覧会場で作品と向き合い、近づいたり離れたり、様々な角度から眺めたりしながら、リュイユならではの色彩を堪能してみてはいかがでしょう。ちなみに、すべての作品が一点一点手織りで制作されたもの。本展をとおして、手仕事の奥深さも改めて実感できるはずです。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

あわせて読みたい
創業200周年記念 フィンレイソン展(長崎展)2023年1月21日(土)〜3月26日(日) 長崎県美術館


【レビュー】「創業200周年記念 フィンレイソン展」(京都文化博物館)(閉幕すみ)


【レビュー】「ザ・フィンランドデザイン」展 フィンランドの暮らしと自然への思いからうまれたプロダクトの数々 Bunkamuraザ・ミュージアム (閉幕すみ)