世界のファッションをリードし続けた「イヴ・サンローラン」 日本初の大回顧展 国立新美術館で9月20日開幕

ショートカクテルドレス - ピート・モンドリアンへのオマージュ 1965年秋冬オートクチュールコレクション Ⓒ Yves Saint Laurent Ⓒ Musée Yves Saint Laurent / Alexandre Guirkinger

イヴ・サンローラン展
会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
会期:2023年9月20日(水)~ 12月11日(月)
主催: 国⽴新美術館、産経新聞社、TBS、ソニー・ミュージックエンタテインメント
特別協力:イヴ・サンローラン美術館パリ
特別協賛:SAINT LAURENT
後援:在⽇フランス⼤使館/アンスティチュ・フランセ⽇本、BS-TBS、TBSラジオ
協賛:野崎印刷紙業
協力:Ueki & Associés
観覧料:決定次第、展覧会HPでお知らせします。
展覧会ホームページ:https://ysl2023.jp
問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)

1958年にクリスチャン・ディオールの急死をうけ、「クリスチャン・ディオール(DIOR)」のデザイナーとして鮮烈なデビューを飾ったイヴ・サンローラン。1962年に⾃⾝のブランド「イヴ・サンローラン」を発表してから2002年に引退するまで、約半世紀にわたり⼥性の装いに変⾰を起こし、世界のファッションシーンをリードし続けてきました。

オフィスでのイヴ・サンローラン、パリのマルソー通り5番街のスタジオにて、1986年 Ⓒ Droits réservés

本展はイヴ・サンローラン美術館パリによる全⾯協⼒を得て、⽇本で初めて開催される回顧展です。

イヴ・サンローラン美術館パリ Ⓒ Sophie Carre

 

序章と11章から構成される本展では、ディオールでのデビューから、ブランドとして初のコレクション、そして独⾃のスタイルを確⽴するまでを、イヴ・サンローランによるルック110体のほかアクセサリー、ドローイング、写真によって⼀堂に紹介します。

 

舞台用衣装 1978年に行われたジャン・コクトーによる演劇「双頭の鷲」のために製作されたモデル Ⓒ Yves Saint Laurent Ⓒ Musée Yves Saint Laurent / Sophie Carre
アンサンブル 1989年春夏オートクチュールコレクション Ⓒ Yves Saint Laurent Ⓒ Musée Yves Saint Laurent / Alexandre Guirkinger

イブニングアンサンブル 1984年秋冬オートクチュールコレクション Ⓒ Yves Saint Laurent Ⓒ Musée Yves Saint Laurent / Nicolas Matheus

多様な⽂化や歴史から刺激を受けながら普遍的なスタイルを提案し続けたイヴ・サンローランのクリエイションが⽣み出す豪華絢爛な美の世界を堪能できます。

(美術展ナビ編集班)