【レビュー】重厚で上品な「日本の風景」――山種美術館で特別展「日本の風景を描く ー歌川広重から田渕俊夫までー」

展示風景

特別展「日本の風景を描く ー歌川広重から田渕俊夫までー」
会場:山種美術館(東京都渋谷区広尾3-12-36)
会期:12月10日(土)~2023年2月26日(日)
休館日:月曜休館、ただし1月9日は開館し、1月10日が休館、年末年始は12月29日~1月2日が休館
アクセス:JR恵比寿駅西口、東京メトロ日比谷線恵比寿駅2番出口から徒歩約10分
入館料:一般1300円、高校・大学生冬の学割500円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)ほか。
※前期(~1月15日)、後期(1月17日~)で一部展示替えあり
※詳細情報はホームページ(https://www.yamatane-museum.jp/)で確認を。

日本画を専門に収集、展示している山種美術館。2022年最後の展覧会は「日本の風景を描く」である。四季折々、豊かな自然に恵まれた日本では、昔から春夏秋冬それぞれの美を描いた風景画が愛されてきた。この展覧会では、江戸時代から現代まで、山水画、浮世絵、西洋画など、様々な技法の作家による様々な作品を展示。どんな風景がどのように描かれてきたか。作家たちがそこにどんな想いを込めてきたのか。風景画の醍醐味が多角的に楽しめる構成になっている。

池大雅 《東山図》 18世紀(江戸時代) 絖本・墨画 山種美術館
日根対山 《越渓秋色図》 1856(安政3)年 絹本・墨画淡彩 山種美術館

展覧会は2つのブロックに分かれている。まずは「第1章 日本における風景表現の流れ」。ここで取りあげられているのは、江戸時代の作品。池大雅、谷文晁、日根対山ら、文人画家の作品が目立っている。墨一色で京都・東山の風景をリアルに描写した池大雅《東山図》、淡い紅葉の色合いが趣深い日根対山《越渓秋色図》……伝統的な日本画の美が十分に楽しめる展示の流れである。浮世絵は、歌川広重の《東海道五拾三次内》や《近江八景》のシリーズ。宿場の様子や街道の風景などを叙情味たっぷりに描き出す。共通しているのは、温暖・湿潤の日本ならではのウェットで柔らかな感覚。日本画の「幹」とはどんなものなのかが、肌感で伝わってくる。

歌川広重 《近江八景之内 石山秋月》 1834(天保5)年頃 大判錦絵 山種美術館 [後期展示]
山元春挙 《火口の水》 1925(大正14)年 絹本・彩色 山種美術館

「第1章」でそういう「日本美術の基本」を示したうえで、「第2章 風景表現の新たな展開」が展示される。西洋の写実的な技法が本格的に導入された明治期以降、日本の画家たちは「風景画」に何を求め、どのように自分の作風を構築していったのか――。例えば川合玉堂の《早乙女》のように日常的な風景を画題にした作品が、近代の西洋画壇の動向に歩調を合わせて増えてくる。山水や名所という「古典的な」画題も、新たな技法を取り入れて刷新される。そういう意味で圧倒的な存在感があるのが、石田武の《四季奥入瀬》の連作だ。奥入瀬の春夏秋冬をリアルに切り取った4作品の展示は、この展覧会のハイライトともいえるだろう。

川合玉堂 《早乙女》 1945(昭和20)年 絹本・彩色 山種美術館
石田武 《四季奥入瀬》=1985(昭和60)年、紙本・彩色、個人蔵=の展示風景

田渕俊夫の《輪中の村》や横山操の《越路十景》の連作なども見ていて面白い。送電塔の立つ農村風景という現代的な情景を描き出した《輪中の村》は、空の部分にアルミ箔を用いている。リアルな風景を描いている《越路十景》は墨によるモノトーンの絵画である。伝統を踏まえながら、様々な工夫を凝らしていく現代作家たち。「日本画」の世界は、今も進歩を続け、作家たちの挑戦は続いているのだな、と実感できる。

田渕俊夫 《輪中の村》 1979(昭和54)年 紙本・彩色 山種美術館
横山操《越路十景》=1968(昭和43)年、紙本・墨画彩色、山種美術館=の展示風景

山種美術館は日本画家の育成、新人発掘を目的に、定期的に公募展を開催しているのだが、その受賞作品もこの展覧会では展示されている。下に掲載したのは1985年、第8回山種美術館賞展で優秀賞を獲得した米谷清和の《暮れてゆく街》。JR渋谷駅と直結していた東京・渋谷の東急百貨店東横店南館の周辺を描いたものだ。JR渋谷駅周辺は21世紀になって大きく変貌を遂げており、この絵に描かれた風景は、今やもう「懐かしい」景色。都会の匂い、昭和の薫りが、漂ってくる。メランコリックな叙情性は、広重などにも共通するものかもしれない。手法の進化と変わらない「幹」。そんな「日本画」の世界をけれん味なくみせてくれる。山種美術館らしい重厚で上品な展覧会なのである。

(事業局専門委員 田中聡)

展示されている米谷清和《暮れてゆく街》=1985(昭和60)年、紙本・彩色、山種美術館=