来場者15万人突破の「アンディ・ウォーホル・キョウト」(京都市京セラ美)1、2月の土日祝に早朝開館

京都市京セラ美術館で2023年2月12日まで開催されている「アンディ・ウォーホル・キョウト」は来場者15万人を突破。好評につき、2023年の1月と2月の土日祝の早朝開館(午前9時~)が決まりました。本展は、ポップ・アートの代表作に加えて、商業イラストレーター時代や東方カトリックの生い立ちに触れる晩年の作品群までを網羅する大回顧展で、京都のみの開催です。

【早朝開館】9:00~10:00 ※10:00以降もそのまま展覧会をお楽しみいただけます。
開催日 / 1月7日(土)、1月8日(日)、1月9日(月・祝)、1月14日(土)、1月15日(日)、1月21日(土)、1月22日(日)、1月28日(土)、1月29日(日)、 2月4日(土)、2月5日(日)、2月11日(土)、2月12日(日)

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
会期:2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
【早朝開館】9:00~10:00 ※10:00以降もそのまま展覧会をお楽しみいただけます。
開催日 / 1月7日(土)、1月8日(日)、1月9日(月・祝)、1月14日(土)、1月15日(日)、1月21日(土)、1月22日(日)、1月28日(土)、1月29日(日)、 2月4日(土)、2月5日(日)、2月11日(土)、2月12日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、12月28日~1月2日
観覧料:土日祝一般2,200円/平日一般2,000円/高大生1,400円/小中生800円
詳しくは公式ウェブサイト(https://www.andywarholkyoto.jp/)へ

(読売新聞美術展ナビ編集班)

◇開幕記事


◇マンガレポ