【動画】8人制?4本の木に囲まれたフィールド?蹴鞠のルールを「遊びの美」展で学芸員さんに教えてもらいました 根津美術館で2月5日まで

重要美術品「桜下蹴鞠図屏風」(右隻)江戸時代・17世紀 根津美術館蔵

根津美術館(東京・南青山)で12月17日から来年2月5日まで開催されている企画展「遊びの美」で、担当学芸員の福島洋子さんに、あまり知られていない蹴鞠のルールなどについて教えてもらいました。

動画の内容

日本の「遊び」は単なる遊楽ではなく必要な教養を高め、求められる技芸を磨くことでした。社会の中でよりよく生きる術を身につける手段であり、生きる上で欠かすことのできない存在でした。

桜の木の下で蹴鞠に興じる人々を描いた《桜下蹴鞠図屏風》を展示しています。蹴鞠は日本のサッカーの原点とも言われていますが、実はボール(鞠)をお互いに蹴り合って競い合うより、むしろいかに落とさず続けられるかに重きが置かれていました。

蹴鞠は基本的には8人で行います。8人それぞれが協力し合って回数を重ねていって楽しむものです。

質問)なぜ木があるのですか?

蹴鞠を行うフィールドの四隅には「かりの木」という木が植えられていました。木の種類は4種類だったり1種類だったりしますが、この作品に描かれている桜の木も「懸かりの木」です。

「懸かりの木」はプレーをする上で非常に重要な役割を持っていました。ただ単に桜の下でお花見も兼ねてということではなく、競技の一装置として描かれています。

日本にはいろいろな遊びがありますが、貴族たちが主流となって遊んだ遊びに歌合うたあわせがありました。
この歌合という遊びは左右に分かれて歌の優劣を競うもので、そんな競技性のある遊戯でした。現代、左右に分かれて対戦するイメージで一番近いのは紅白歌合戦でしょうか。

企画展「遊びの美」
会場:根津美術館 (東京都港区南青山6-5-1)
会期:12月17日(土)~2023年2月5日(日)
休館日:毎週月曜日 ただし1月9日(月・祝)は開館、翌10日(火)休館
年末年始(12月26日~1月4日)休館
アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅より徒歩8分
入館料:オンライン日時指定予約制
一般1300円、学生1000円、中学生以下は無料
※当日券(一般1400 円)も販売、ただし混雑状況によっては販売しない場合も
詳しくは(https://www.nezu-muse.or.jp/)へ。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)