【レビュー】「柴田是真と能楽 江戸庶民の視座」国立能楽堂で12月23日まで 新発見・初公開の下絵やスケッチも

「羽衣福の神図屏風」柴田是真筆 嘉永6年(1853年) 個人蔵

幕末から明治にかけて蒔絵まきえと絵画の両面で活躍した柴田是真ぜしん(1807~91年)。新発見の下絵や一般初公開のスケッチ(写生)などを通じて、これまで知られていなかった能楽との関係や作品の制作過程を浮かび上がらせる特別展「柴田是真と能楽 江戸庶民の視座」が12月23日(金)まで、国立能楽堂(東京・千駄ヶ谷)の資料展示室で開かれています。入場無料。

会場風景

江戸の庶民の家に生まれた是真は、蒔絵と円山派の絵画の両方を究めた稀な作家。まだ無名の頃に、約10歳年上ですでにプロの浮世絵師だった歌川国芳が弟子入りしたほどの「天才」ぶりでした。

江戸時代には、町絵師として庶民のみならず、印籠などの蒔絵で武士層からも人気を集めました。明治維新後も、漆を絵画の塗料として使う独自の「漆絵」を発明し、海外でも人気を博し、明治23年(1890年)には初代帝室技芸員の一人に任命されました。

左から「漆絵花鳥図」「漆絵象図」「漆絵青海波兎図」 いずれも柴田是真筆 三隅悠コレクション。漆絵は日本画でも漆器でもない新しいジャンルだったが、是真以外はほとんど手がけることができず一般化しなかった

しかし、展覧会を企画した国立能楽堂の高尾曜・事業推進課主任専門員兼調査資料係長は、「是真は今でも海外のほうが人気が高いのです。戦後日本では1980年に板橋区立美術館で是真展が開かれるまでほとんど忘れられた存在でした」と話します。同時期に活躍した河鍋暁斎きょうさい(1831~1889年)とともに、戦後の近代美術史において意図的に外されたといいます。

是真の作品は、江戸らしい粋と洒脱さなどから、即興で生み出されたと考えられてきたものもありました。しかし、本展に伴う調査研究で、即興に見えるものも、実は多くのスケッチ(写生)と繰り返し校訂された綿密な下絵のもとで制作されていたことが明らかになりました。

展覧会では、スケッチについて、東京藝術大学が所蔵する是真の写生帖95冊から、10冊の能楽関係の内容を初めて詳細に検証して紹介。また、昨年、200点以上の下絵を含む粉本ふんぽんが新発見され、その一部を初公開しています。

「羽衣福の神図屏風」柴田是真筆 嘉永6年(1853年) 個人蔵

是真の代表作「羽衣福の神図屏風」も、膨大な写生帖の中から、参考にしたスケッチや能装束の見本などが特定されました。参考のスケッチは一つでなく、複数のスケッチを組み合わせて全体の構成を考えていたことも分かりました。

「柴田是真写生帖」柴田是真筆 東京藝術大学蔵

粉本には、現在、所在不明となっている作品の下絵が多数ありました。紙を大事に使っていた是真は、1枚の用紙に、2つの絵を上下逆に描くこともありました。こちらは、能の三番叟さんばそうが描かれていますが、左上は垂れ下がった柳ではなく、別の絵で、天に向かって伸びる麦が描かれているのです。

粉本 三番叟図・麦雲雀図「柴田是真粉本類」個人蔵

下絵といっても、ラフな絵だけではなく、「是真が手元に置いておきたかったのでしょう」(高尾さん)と非常に丁寧に描かれているものが多くあります。

右は明治宮殿の花の丸天井を飾った綴れ織りの下絵。「桜花図(千種之間天井綴織下図53)」柴田是真筆 明治20年(1887年)東京藝術大学蔵

また、狂言の早い動きの瞬間を切り取るような写生や、いまにも動き出しそうな鯉の摺物の原画、空を飛ぶ天人図の画稿など、「写生や下絵だからこそ、是真の筆致の生々しさをより感じ取れるものもあります」と高尾さん。

団扇の摺り物の手控え(左下)と原画(右上) 多色刷鯉図「柴田是真絵様手控類」江戸東京博物館、粉本 団扇鯉図・七福神摺物原画「柴田是真粉本類」 個人蔵
粉本 画稿天人図「柴田是真粉本類」個人蔵
文箱の展示風景。是真は、意匠や形、材質が定型化していた常識を覆してオリジナリティあふれる文箱を自らの手で作った
三番叟蒔絵印籠 柴田是真作 清水三年坂美術館蔵。是真の印籠は大名など上級武家にも人気で、こうしたつながりから庶民は見る機会のない能楽の舞台裏まで取材できるようになった可能性があるという

円山派の写生に基づく写実性に富む絵画、自ら彫刻まで行いイメージする形を追求した漆工の技、随所に見られる江戸らしいデザイン性と洒脱さ、柴田是真の魅力がぎっしりと詰まった展覧会です。(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

特別展「柴田是真と能楽 江戸庶民の視座」
会場:国立能楽堂 資料展示室(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)
期間:2022年10月29日(土)~12月23日(金)
開室時間:午前11時~午後5時
*12月16日の国立能楽堂主催の夜公演の鑑賞客は開場から休憩終了まで展示を見ることができる
入場無料
詳しくは国立能楽堂の公式サイト

あわせて読みたい