【開幕】「ゴッホ・アライブ」金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)で来年3月5日まで

ゴッホ・アライブ [名古屋会場]
会期:2022年12月10日(土)〜2023年3月5日(日)
会場:金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)
(名古屋市中区金山町1-1-1)
開館時間:10:00 -20:00 ※日曜日は18:00まで(※最終入場は閉館60分前まで)
休館日:2022年12月12日(月)、12月28日(水)~2023年1月1日(日)、1月10日(火)
料金:一般/当日2,500円(2,300円)
高大生/当日2,000円(1,800円)
小中生/当日1,500円(1,300円)
()内は前売料金 ※税込
主催:中京テレビ放送
問い合わせ:中京テレビクリエイション 052-588-4477
(平日11:00~17:00/土日祝休業)
詳細は公式HPへ

名古屋市の金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)で12月10日開幕した「ゴッホ・アライブ」。前日に行われた内覧会に伺いました。人気の没入型展覧会にまた新たな潮流です。

世界70以上の都市で850万人が訪れたという人気のコンテンツ。3000点以上に及ぶゴッホの名作が壁、柱、床などあらゆる場所に映し出され、ゴッホの世界に包み込まれます。

約40分の映像作品。オランダ、パリ、アルル、サン=レミ、オーヴェール=シュル=オワーズと、ゴッホの足跡を代表作を通じてたどります。アップの自画像が次々と映し出されるなど、動きのある迫力のシーンが続きます。

音楽もステキ。サティ「ジムノペディ」、ドリーブ「花の二重唱」、サン=サーンス「死の舞踏」などゴッホの作品に寄り添った選曲が心地よいです。ソファで寝転がったり、歩いたり、自由に楽しむことができます。

「ゴッホ・アライブ [名古屋会場]」金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)で来年3月5日(日)まで。 人気の没入型展示が日本に上陸。大型の細密映像に囲まれ、迫力のクラシック音楽とともにゴッホの世界を味わいます。来春は神戸へ巡回します。詳しくは記事↓へ。