“切り紙絵”にスポット 待望の「マティス 自由なフォルム」展 新会期が決定 国立新美術館で2024年2月に開幕

「マティス 自由なフォルム」展が、国立新美術館で2024年2月14日(水)から5月27日(月)の会期で開催されることが発表されました。同展では当初、2021年に開催予定でしたが、コロナ禍の影響で延期になっていました。

20世紀最大の巨匠の一人アンリ・マティス(1869-1954)は、後半生を過ごした南フランス・ニースで、さまざまな色が塗られた紙をハサミで切り取る技法、「切り紙絵」による作品を精力的に制作しました。

アンリ・マティス《ブルー・ヌード IV》1952年 切り紙絵 103×74cm 
オルセー美術館蔵(ニース市マティス美術館寄託) 
©Succession H. Matisse Photo: François Fernandez

本展では、切り紙絵の重要なコレクションを誇るフランスのニース市マティス美術館の全面協力を得て、マティスの切り紙絵に焦点を当てながら絵画、彫刻、素描、版画、テキスタイルなど約150点余を紹介するものです。

切り紙絵が日本でまとめて展示されることはきわめて稀で、マティスの記念碑的な表現方法に触れる貴重な機会となります。

マティス 自由なフォルム
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
会期:2024年2月14日(水)~ 5月27日(月)
主催:国立新美術館、ニース市マティス美術館、読売新聞社
展覧会ホームページ:https://matisse2024.jp
展覧会ツイッター:@matisse2024
※都合により展覧会内容・会期等が変更または中止になる場合があります。

(美術展ナビ編集班 岡部匡志)