【開幕】「国宝 雪松図と吉祥づくし」三井記念美術館で1月28日まで おめでたい気持ちにしてくれるモチーフを楽しむ

国宝 雪松図屏風 円山応挙筆 江戸時代・18世紀 三井記念美術館

国宝 雪松図と吉祥づくし
会場:三井記念美術館(東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
会期:2022年12月1日(木)〜 2023年1月28日(土)
休館日:月曜日(但し1月9日は開館)、年末年始12月26日(月)〜1月3日(火)、1月10日(火)
入館料:一般1,000円/大学・高校生500円/中学生以下無料
詳しくは美術館公式サイト(https://www.mitsui-museum.jp)へ。

開幕前日の内覧会を取材しました

円山応挙が描いた国宝「雪松図屏風」が館のリニューアル後、初めての公開です。12月1日から三井記念美術館(東京・日本橋)で始まる「国宝 雪松図と吉祥づくし」展の内覧会を取材しました。

国宝 雪松図屏風 円山応挙筆 江戸時代・18世紀 三井記念美術館

三井コレクションを代表する国宝「雪松図屏風」は例年、季節感の合うお正月前後に披露されてきましたが、大規模改修などのため冬の公開は3年ぶり。応挙の写生の粋とともに、絵に込められた長寿の願いや祝祭の「おめでたさ」を、リニューアルされた照明で隅々まで鑑賞し味わうことができます。

展示機会の少ない「おめでたい」品々も

長寿や子孫繁栄、富貴などの願いが託されたモチーフ「吉祥」がテーマ。和歌山城で飼育されていたクジャクの卵を使った香合や金キラな舟形香炉など、これまで名品展には出る機会が少なかった「おめでたい」品々も並びます。なんだろう?と感じたら解説パネルを一読してみて下さい。

孔雀卵香合 了々斎好 江戸時代・19世紀 三井記念美術館
紫交趾写蓬莱山舟形香炉 永樂得全 明治40年(1907) 三井記念美術館

松や鶴、亀が「吉祥」なのはおなじみですが、猫がなぜおめでたいのか?
答えは「猫」という字が中国語の発音で長寿を意味する「耄」と同じ音だからだとか。下の写真の右は来日して応挙や伊藤若冲らにも影響を与えた中国の画家、沈南蘋の「藤花独猫図」、左は明時代の「麝香猫(ジャコウネコ)図」。

右:藤花独猫図 沈南蘋 清時代・18世紀 左:は明時代の麝香猫図 (伝)徽宗 明時代・16~17世紀 いずれも三井記念美術館

来年の干支のウサギもおめでたい動物です。色々なモチーフを探しだすのも楽しいです。

黒樂兎彫文茶碗 樂旦入 江戸時代・19世紀  奥は高砂図 (伝)狩野元信 桃山~江戸時代・16~17世紀 いずれも三井記念美術館

「国宝 雪松図と吉祥づくし」三井記念美術館で12月1日から来年1月28日(土)まで。展示構成など詳しくは下のプレビュー記事もご参照ください。


また、美術展ナビでは本展の招待券プレゼントを実施中(12月4日〆切り)です。 吉祥を試してみてはいかが?


(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)