国立西洋美術館、東京国立近代美術館、国立新美術館の3館をめぐるデジタルスタンプラリー

国立西洋美術館、東京国立近代美術館、国立新美術館の都内の3つの国立美術館をめぐるデジタルスタンプラリーが11月26日から12月26日まで行われています。
スタンプラリーウェブサイトをスマホで読み込み、それぞれの館を実際に訪問(GPS方式)して、1つの美術館につき3問のクイズに答え、全9個のデジタルスタンプを集めると、国立美術館の展覧会チケットが抽選で15組(30名)に当たります。
国立西洋美術館と東京国立近代美術館は「常設展」と「所蔵作品展」、国立新美術館はパブリックペースで行われている小企画「NACT View」が対象で、参加費は無料。ただし、国立西洋美術館 常設展および東京国立近代美術館所蔵作品展「MOMATコレクション」への入場は観覧料(一般500円など)が必要です。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)