12月に始まる全国の展覧会を公式SNSとともに紹介

いよいよ2022年も最後の月。師走の12月に始まる展覧会を紹介します。公式SNSがあるものはSNSでの発信も紹介しますので、気になる展覧会があればチェックしてみてたください。美術展ナビでは12月中に、みんなで選ぶ今年のイチオシ展覧会や来年(2023年)のオススメ展の記事も公開する予定です。

【1日】国宝 雪松図と吉祥づくし (三井記念美術館)

三井記念美術館(東京・日本橋)で12月1日から始まる「国宝 雪松図と吉祥づくし」では、江戸時代中期の画家、円山応挙の国宝「雪松図屏風」など、お目出たい主題の様々なジャンルの館蔵品が紹介されます。私たちがお目でたいと感じる「吉祥」のデザインがどのように誕生したのかを考えることができるでしょう。


【1日】六本木クロッシング2022展:往来オーライ! (森美術館)

森美術館(東京・六本木ヒルズ)が3年に一度、日本の現代アートを総覧する定点観測的な展覧会として「六本木クロッシング」。2004年以来7回目となる今回は、1940年代~1990年代生まれの日本のアーティスト22組が登場。

【3日】Bon Voyage!~ミュシャと巡る旅~(堺 アルフォンス・ミュシャ館)

【6日】上村淳之 文化勲章受章記念 こころの花鳥画 上村松篁・淳之展(松伯美術館)

上村松園、上村松篁と母と子の文化勲章に続いて、孫である上村淳之さんも3代続けての文化勲章の受章が決まりました。奈良の松伯美術館で受章記念展が開催されます。

【7日】WHO AM I-SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR―(渋谷ヒカリエ)

2018年にパリ・ルーブル美術館で開催された自身初の個展。そして2019年IHIステージアラウンド東京で開催された『BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展』から約3年。香取慎吾さんの国内2度目となる個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」が渋谷ヒカリエで開催されています。

【8日】YUMING MUSEUM(ユーミン・ミュージアム)(東京シティビュー)

1972年のデビューから半世紀。日本のポップミュージックシーンを一貫してリードしてきたユーミンの足跡をたどる「YUMING MUSEUM(ユーミンミュージアム)」が12月8日、六本木ヒルズ内の東京シティビューで開幕しました。


ご本人のメッセージ動画です。

【9日】東京藝術大学大学院美術研究科博士審査展(東京藝術大学大学美術館)

すぐ未来のトップアーティストたちの作品が並びます。12月9日から18日まで(会期中無休)、入場無料。

【10日】春日大社 若宮国宝展(奈良国立博物館)

春日大社の摂社「若宮」。奈良の地元にとってはおなじみの神社で、奈良博でも毎年特集展示をしていますが、今回は式年造替を記念して初めての特別展が開催されます。


春日大社の若宮とは?こちらの記事もご覧ください。

【10日】アリス へんてこりん、へんてこりんな世界(あべのハルカス美術館)


東京でのアリス展のレビューやグッズ、音声ガイドインタビューです。

【10日】ヨシタケシンスケ展かもしれない (名古屋・松坂屋美術館)


話題のグッズ記事。

【10日】日本の風景を描く 歌川広重から田渕俊夫まで (山種美術館)

【13日】李禹煥(兵庫県立美術館)

「もの派」を牽引した作家、李禹煥(リ・ウファン)の大規模回顧展です。


東京展の記事


音声ガイドナビゲーターは中谷美紀さん

【13日】細見コレクション 江戸時代の絵画(細見美術館)

【15日】北斎かける百人一首(すみだ北斎美術館)

【16日】『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展(福岡市博物館)

東京展のレビュー記事です。

【17日】遊びの美(根津美術館)

【17日】交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー (東京都庭園美術館)

【17日】未来へつなぐ陶芸ー伝統工芸のチカラ (MOA美術館)

東京展の記事(参考)

【17日】諏訪敦『眼窩裏の火事』(府中市美術館)

【17日】館蔵刀装具コレクション 武家の嗜好品(中之島香雪美術館)

【21日】クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ (東京都現代美術館)

【25日】開館10周年記念展第1部「若冲と一村 時を越えてつながる」(岡田美術館)

【26日】徳川家康公展(静岡・久能山東照宮博物館)

静岡市の久能山東照宮は、徳川家康をまつる神社です。同神社の博物館で家康生誕480年を記念した「徳川家康公展」が開催されます。家康所用の甲冑3領(全て重要文化財)を全て展示、重要文化財 太刀 無銘光世作(ソハヤノツルキ)(前期展示)など、家康関連の資料が一挙に公開されます。

11月終盤に開幕した展覧会

また、12月開幕ではありませんが、11月の後半に開幕の展覧会もいくつか紹介します。

【11月26日】マリー・クワント展(Bunkamura ザ・ミュージアム)

【11月30日】ベルサイユのばら展 (大阪・阪急うめだ本店)

11月20日までの東京展に続いて、大阪でも11月30日から開催されます。

【11月30日】京都・智積院の名宝 (サントリー美術館)

11月30日からサントリー美術館で長谷川等伯の国宝「楓図」が展示される「京都・智積院の名宝」展が始まります。来年1月22日まで。


【11月30日】DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン (国立新美術館)

12月19日(月)まで。


(読売新聞デジタルコンテンツ部)
みんなで選ぶ今年のイチオシ美術展・展覧会


関西の12月に見られる展覧会はこちら


11月開幕の展覧会はこちら