週末いきたい もうすぐクライマックス 鎌倉時代を味わえる展覧会・美術展

NEW
金沢文庫と称名寺を結ぶトンネル

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」はいよいよクライマックスが近づいています。週末は、鎌倉時代に関連する展覧会や美術展で思いを馳せて見ては?

11月27日まで「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」神奈川県立金沢文庫

運慶800年遠忌記念特別展「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」は神奈川県立金沢文庫(横浜市)で11月27日(日)まで。神奈川県立金沢文庫は、北条義時の孫、実時が称名寺境内に設立した文庫で、昭和5年(1930)から公開図書館となっています。

展覧会では、運慶と北条氏の関係を浮かび上がらせる史料、和田義盛夫妻が発願した仏像、三浦義村に宛てて北条時政が書いた「平六」と書かれた書状などを通じて、リアルな鎌倉時代をたどることができます。実朝が無事に成長することを願い、そのうち1体が実朝に模して作られた可能性がある十二神将立像を見ると、ドラマのシーンがよみがえって来る人も多いでしょう。横須賀美術館での展示からプラス(参考出品)された展示品もあり、より運慶と鎌倉武士の関係を理解することができました。

北条実時が母の菩提を弔うための持仏堂を建立したのが始まりという称名寺
金沢文庫と称名寺を結ぶトンネル

12月4日まで 「西行―語り継がれる漂泊の歌詠み」 五島美術館

平清盛と同年代の北面の武士だったのが西行です。漂泊の生き方を選んだ僧侶は、鎌倉時代へと移る時代をどのように見つめたのでしょうか。特別展「西行―語り継がれる漂泊の歌詠み」は五島美術館(東京・世田谷)で12月4日まで。

「川本喜八郎 人形ギャラリー」 渋谷ヒカリエ 27日から新展示

往年のNHK人形劇の名作「平家物語」の再放送も話題になりました。源氏や平氏の人々、御家人らを巧みに描いたこの「平家物語」や、中国の「三国志」などの人形美術を担当した川本喜八郎さん(1925~2010年)の作品は、東京の渋谷ヒカリエにある「川本喜八郎 人形ギャラリー」で、無料で見ることができます。11月26日(土)まで展示替えのため休館し、11月27日(日)からは平家物語の「第一部 青雲」と、三国志の「三国鼎立」をテーマにした新展示が始まります。詳しくは渋谷区公式サイトの同ギャラリーのページ(https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/bunka/kihachiro_gallery/index.html)をごらんください。

12月21日まで 特別展「北条氏展」鎌倉国宝館

鶴岡八幡宮の境内にある鎌倉市「鎌倉国宝館」では、今年4期にわけて特別展「北条氏展」が開催されてきました。11月8日~12月21日までは最後の第4期「北条義時の子どもたち」です。
展覧会HP

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)