【開幕】今もなお愛される江戸の絵師 「宗達・光琳 × 柿右衛門様式」 東京黎明アートルーム

宗達・光琳×柿右衛門様式

  • 会期

    2022年11月13日(日)12月25日(日) 
  • 会場

  • 観覧料金

    一般600円/20歳未満は無料

    ※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は300円引き

    ※《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合があるので、年齢の分かるものをご用意ください。

  • 休館日

    11月20日(日)、12月3日(土)、12月23日(金)

  • 開館時間

    10:00〜16:00 ※最終入室は15:30
  • カレンダーへ登録

琳派の名品と陶磁器を紹介する展覧会「宗達・光琳 × 柿右衛門様式」が、東京黎明アートルームで開幕しました。

琳派に伊万里や柿右衛門様式といった作品を中心に展示。まず陶磁器の展示室では、壺、皿、向付、陶板、そして人形といった、彩りにあふれた柿右衛門様式の世界が楽しめます。
そして琳派。桃山時代末から江戸時代初めに、伝統的なやまと絵や王朝文化のモチーフをもとに、和様の持つ魅力をよみがえらせた絵師・俵屋宗達。そして、宗達の画風に惹かれ、宗達画を継承した尾形光琳。それぞれの魅力が存分に伝わる作品が並びます。


目玉作品である光琳の《籬夕顔図屏風》の主題は、「源氏物語」の第四帖「夕顔」から。目を引く2輪の白い花が夕顔で、そこからはじまる源氏物語屈指の名エピソードが繰り広げられます。古典を知らない人にもわかりやすいアニメーションも同室で紹介されていて、より一層作品世界の理解が深まります。


さらに、地下展示室とカフェでは、今を生きるフレッシュなアーティストの個展「SELA展(Solo Exhibition for Lively Artists)」が開催。水谷真弥子さんのみずみずしい色彩の作品が並びます。
12月25日まで。