【レビュー】蕪村を軸にした「芭蕉」と「若冲」、2つの展示――嵯峨嵐山文華館×福田美術館二館共催企画展「芭蕉と蕪村と若冲」

展示風景(嵯峨嵐山文華館)

嵯峨嵐山文華館×福田美術館二館共催企画展「芭蕉と蕪村と若冲」
会場:嵯峨嵐山文華館(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場11)
福田美術館(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16)
会期:2022年10月22日(土)~2023年1月9日(月、祝日)
休館日:11月29日と年末年始(12月30日~1月1日)が休館
アクセス:【嵯峨嵐山文華館】JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩14分、阪急嵐山線嵐山駅から徒歩13分、京福電鉄嵐山駅から徒歩5分、【福田美術館】JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩12分、阪急嵐山線嵐山駅から徒歩11分、京福電鉄嵐山駅から徒歩4分
入館料:2館共通券は、一般・大学生2000円、高校生1000円、小・中学生550円、障害者と介添え人1人1000円、幼児無料。各館単独の入場料は下記の美術館HPを参照
※前期(~11月28日)、後期(11月30日~)で展示替えあり
※詳細、最新情報は、嵯峨嵐山文華館HP(https://www.samac.jp/)、福田美術館HP(https://fukuda-art-museum.jp/)で確認を。

行楽の秋。京都・嵐山。修学旅行生から外国人まで、老若男女様々な観光客でいっぱいの渡月橋からほんの少し歩いたところにあるのが、福田美術館と嵯峨嵐山文華館である。その両館が共同開催しているのが、この「芭蕉と蕪村と若冲」展。松尾芭蕉(16441694)、与謝蕪村(17161784)、蕪村と同年生まれの伊藤若冲(17161800)、江戸時代のビッグネーム3人をフィーチャーした特別展である。

展示風景(嵯峨嵐山文華館)
松尾芭蕉 「朝顔に」 自画賛 通期展示

芭蕉、蕪村、若冲――この3人を結ぶカギとなっているのが蕪村だ。俳諧を和歌に比肩する文学へと昇華させた芭蕉を敬愛し、「俳画」というジャンルを創設した蕪村。若冲はその文人画家と同じ年に生まれ、同じ時期、京都・四条通り界隈の非常に近い場所に住んでいたという。第1会場の嵯峨嵐山文華館は「蕪村と芭蕉」が中心の展示。第2会場の福田美術館は「蕪村と若冲」が中心である。

「蕪村と芭蕉」の方では、芭蕉の俳句や絵画と共に、蕪村の「俳画」や直筆の手紙、蕪村の弟子たちの絵が展示されている。芭蕉の死後50年が経過した1743年頃から、芭蕉を顕彰する動きが盛んになったが、この運動を京都で牽引したのが与謝蕪村だったのだそうだ。第1会場に展示されている「奥の細道図巻模写」は、芭蕉の「おくのほそ道」に蕪村が絵を付けた巻物を、了川という人が模写したもの。丸みがある線で描かれた人々の姿は、蕪村らしい軽みにあふれたタッチ。そこはかとないユーモアにあふれている。

与謝蕪村「いかだしの」自画賛 前期展示 福田美術館
展示されている了川《奥の細道図巻模写》 前期展示

2会場となる福田美術館は「蕪村と若冲」。こちらは画家としての蕪村の「仕事」が中心だ。小品から六曲二双の屏風まで、水墨画から絹本彩色の色彩豊かな絵まで、バラエティー豊かな作品が並ぶ会場は、とても華やかだ。どちらかというと「渋い」感じがする第1会場とは好対照。

若冲の作品の展示風景(福田美術館)

蕪村というとどうしても「俳味」とか「軽み」とかいう言葉がアタマに浮かぶが、《茶筵酒宴図屏風》や《風虎図屏風》などの展示作品を見ていると、中国絵画の技法を学び、それを自分のものにしていたことがよく分かる。一方の若冲は緻密でリアルな描写に基づきながらも、どことなく幻想的な雰囲気を感じさせるところが魅力だろうか。《雲龍図》、《竹に雄鶏図》など、今回の展示は水墨画が多いが、彩色作品とはまた違った独特の存在感が感じられる。

与謝蕪村《猛虎飛瀑図》 後期展示
与謝蕪村《茶筵酒宴図屏風》 通期展示

個人的に面白かったのは、若冲が最晩年の1797年に制作した《鶏図押絵貼屏風》。ちょっと一部を拡大してみた。あくまで勇壮な雄鶏と比べて、雌鶏は丸く、優しそうに描かれている。その下にちょこんと描いてある2羽のひよこの何とも言えないかわいらしさ。三者三様の描き分けで、見れば見るほど味があるのだ。

上は、福田美術館で展示されている伊藤若冲《鶏図押絵貼屏風》(前期展示)、下はその一部

 

展覧会のハイライトとなるのが、福田美術館2階展示室での《野ざらし紀行図巻》の展示だ。「野ざらし紀行」は、「蕉風」と呼ばれる芭蕉の俳風が完成されるきっかけとなったといわれる作品だが、この図巻には、書と共に紀行文全体にわたって芭蕉自身が挿絵を描いている。それぞれの場面に対し、絵入りで丁寧な解説が付けられており、初心者にも分かりやすい。第1会場の「奥の細道図巻模写」が「人物」を描いているのに対し、芭蕉は「風景」をさらさらっと描いている。この辺りが画家と俳人の違いなのだろうか。

松尾芭蕉《野ざらし紀行図巻》(冒頭部分) 通期展示。下はその展示の解説

渋みと軽み、俳諧の世界を感じさせる第1会場と、あくまで絵画的な第2会場。双方の違いを実感できる共同展。それは、ふたつの美術館のコンセプトの違いでもある。これから秋も深まっていく京都・嵐山。天龍寺や大覚寺を訪れた足で、芭蕉・蕪村・若冲の世界を覗いてみるのも楽しいかもしれない。

(事業局専門委員 田中聡)

与謝蕪村《松尾芭蕉像》 通期展示