【レビュー】「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」たばこと塩の博物館で12月25日まで 歴史を刻んだレアな逸品がズラリ

NEW
Dunhill「ティンダーピストル型テーブルライター」

「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」
会期: 2022910日(土)~1225日(日)
会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室(東京都墨田区横川1-16-3
開館時間:午前10時~午後5(入館は午後430分まで)
観覧料: 大人・大学生100円/ 小・中・高校生50円/65歳以上の方(要証明書)50
休館日:月曜日(919日、1010日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」より 徒歩8分
詳しくは同館の展覧会HPへ。

「これ、本当にライターなの?!」と思わず唸ってしまうような珍品・奇品から、アール・デコ調のスタイリッシュな高級品まで逸品揃い。愛煙家に欠かせない着火具として発展を遂げてきたライターを特集した珍しい展覧会が、たばこと塩の博物館で9月10日から始まりました。

「ライター」に特化した企画展を開催するのは同館でははじめてのこと。プレスリリースをひと目見て「これは絶対面白いはず!」と惚れ込み、内覧会を取材しました。さっそく本展の見どころを紹介します。

意外に新しい発明品・オイルライター

上段:丸山「フレームレス100」 下段:ペンギンライター「トライ」

「ライター」といえば、レバーを押してワンタッチで火がつくようなありふれた日用品というイメージがあるかもしれませんが、ここまで進化するまでには100年以上もかかっています。

 本展では、まずはライタ前史を振り返るところからスタート。マッチやライターが発明される以前に、日本やヨーロッパで使われていた着火具が紹介されています。

 火を起こすにはいろいろな方法がありますが、人類が古くから発展させてきた着火法は「打撃法」と呼ばれる方法でした。この方法では、 

  1. まず火打ち石などで金属を叩いて削り取り、火花を起こす
  2. その火花を燃料に移して火を得る

という2つの手順を成功させる必要があります。

 ライター以前の道具は、この1と2を同時にこなすことができず、「火花を起こす道具」と「火種を確保する道具」が別々に分かれていました。

「1. “ワンモーションで着火”への道」のコーナーでは、日本の火打ち石、ヨーロッパのフリントナイフといった火花を起こす専用器具や、こうした道具で起こした種火をキープするための火縄や携帯用火口入れなどが展示されています。今の私たちから見ると、かなり大変そうに見えてしまいます。

展示風景

 もちろん、昔の人々も同じ心境だったでしょう。なんとか上記の工程1と2、つまり「火花を起こして、その火花を火口に移す」という動きを一つの動作で実行してくれる仕組みをつくれないか?と考えました。そこで登場したのが、18世紀のヨーロッパで発明された「ティンダーピストル」でした。ライターの原型となる卓上機械です。

Dunhill「ティンダーピストル型テーブルライター」

外観は、いかにも産業革命の香りが漂ってきそうな重厚な鋼鉄製。文字通りピストルの親戚のような形をしていますが、引き金を引くと打撃によって発生した火花がそのままオイルタンクにうまく引火する仕組みでした。

ここからライターは、小型化・軽量化が進むとともに、デザインも洗練されていきます。

戦争を機に発展した「携帯品」としてのライター

ライターの普及・発展は、実は時代の節目で起こった大きな戦争によって促されました。なぜなら戦場に赴く兵士たちにとって、タバコが貴重な嗜好品だったからです。当然、タバコに火をつけるための携帯着火具として、ライターも兵士たちの必需品となりました。

ハンドメイドのオイルライター

 まず、ライターが大きく普及したのが第一次世界大戦(191418年)です。当時はまだマッチのほうが広く使われていましたが、風に強く、繰り返し何度も使える耐久性から、戦地ではマッチよりもライターのほうが好まれました。

しかし、ライター黎明期だった当時、戦場ではライターは貴重品でした。職人が制作した一品ものが主流で、ありあわせの金属素材を組み合わせてハンドメイドで作られているのが特徴です。素朴な装飾も面白いですね。

トレンチライター

また戦場の前線で、機関銃の薬莢やっきょうをオイルタンクへと転用して作られたトレンチライターも見逃せません。塹壕に転がっていた火薬容器をライターにしてしまう兵士たちの創意工夫には頭が下がります。

 さらに時代が下り第二次世界大戦(193945年)になると、ライターは工場などで大量生産される規格品となり、戦地へ赴く兵士に支給されるようになります。戦場の最前線には、アメリカ文化の象徴ともいえる「ジッポー」が登場。もともとは真鍮製だったのですが、戦時中は真鍮が軍需品に指定され使えなくなったので、鉄製のジッポーが支給された、というのも興味深いです。

Zippo「ブラッククラックル・モデル」

ただし、鉄製は錆びやすいので、錆止めに黒の塗料を焼き付けていました。これを多くのアメリカ兵が使っていたことで、以後ジッポーは世界中で普及していくことになります。

Zippo「ベトナム・ジッポー」

さらにベトナム戦争(196475年)では、支給品のジッポーに様々な図案を彫り込んだ、いわば「マイジッポー」がアメリカ兵の間で大流行。終戦後、兵士たちが使った使用済みジッポーはプレミアムがついて、コレクターの間で争奪戦となっています。

調度品として発達したヴィンテージライター

Ronson社製のオート式ポケットライター。アールデコスタイルの装飾が美しい。

戦地では兵士たちの装身具として発展を遂げたライターですが、その一方で生活の中では卓上タイプの調度品としても進化を遂げていきます。生活空間の中にフィットさせるため、アクセサリーや高級家具のように外観が洗練されていきました。

「2. 銘品の時代」のコーナーでは、ダンヒルやエバンスといったファッションブランドが手掛けた美しい高級品がズラリと並んでいます。戦間期~戦後すぐに流行した、単純化された幾何学模様が特徴的なアールデコデザインに注目してみてください。

ジッポーの雑誌広告

本展にあわせて収蔵された、ライターのクラシカルな雑誌広告などにも要注目。ファッションアイテムの一つとして、販促が図られていたことがうかがえます。

エバンス社の卵型ライター

担当学芸員の青木然さんのオススメは、エバンス社の卵型テーブルライター。「エバンス社の卵型テーブルライターには様々なバリエーションがあり、これだけに特化したコレクターもいるほどです。同じアールデコでも、アールデコらしい上品さとアメリカのポップな感覚が同居したわかりやすい装飾がエバンス社の特徴ですね」と話してくれました。

戦後大きく発展した日本のオイルライター

カメラ造形ライター

日本のライター産業は、主に第二次世界大戦後に大きく発展しました。物資が不足しがちだった占領統治下でも、ライターは廃材や軍需用金属などを活用して安く大量に作ることができたため、復興の足がかりとしてぴったりの工業製品でした。

 「3. 広がるライター:第二次世界大戦とその後」では、地元・墨田区で長年ライター製造に関わってきた毛塚尚利氏から2017年に一括して譲り受けた国産ライターコレクションがずらりと並びます。微細加工が得意な日本人のDNAが反映されたユニークなアイテムが楽しめました。

戦前・戦後直後のポケット・オイルライター

実は、戦後にライターの主要生産地となったのが、たばこと塩の博物館がある東京都墨田区を中心とした隅田川周辺地域でした。大量の水を必要とする「電気メッキ」工程に必要な水源を確保できたことが大きかったようです。

現在では業者の淘汰が進み、大半の生産工程は中国や東南アジアなど海外の工場で行われるようになりました。そこで、「地場産業が発展してきた歴史を記録としてしっかりと残しておきたい」と考えたのが毛塚氏でした。「地元のライター業者に地道にヒアリングを重ね、それぞれのライターの製造時期やメーカー情報などもしっかり記録しながら集められたコレクションなんです」と青木さんは話します。地元の有志による情熱に支えられたコレクションだったわけですね。

SNS映え必至!?ユニークなテーブルライターを味わう

そして最後に見ていただきたいのが、珍品奇品を集めた、バラエティに富んだ卓上ライターの数々です。正直なところ「ライターとしての必然性はどこに?」と思ってしまうような、奇想天外なアイテムの数々は鑑賞していて本当に楽しかったです!

ライター付スロットマシーン
左:電話機造形ライター(オルゴール付)右:プリンス 電話機造形ライター(ラジオ付)

ライター付きスロットマシーンや電話機の形をしたライターなど、生活の中でちょっと触って楽しめるような、遊び心にあふれた作品群が集められています。「どちらかといえば男性の方が喫煙率が高いので、ゴルフやスロットマシーンなど、男性の嗜好にあったモチーフが多いですね。また、灯台や砲台など、炎と関わりのあるモチーフにも注目してみて下さい」と青木さんが鑑賞のポイントを教えてくれました。

撮影OK!お気に入りの一品を見つける楽しみも

本展は、一部を除いてほぼ全ての展示が撮影可能。同館では、少し前の展示から館蔵品展については写真撮影OKとなりました。「お気に入りのライターがあれば、SNSなどにアップして、気軽にシェアしていただければ嬉しいです」と同館の学芸部・広報担当の袰地ほろち由美子さんは話します。

また、嬉しいことに本展入場者には、展覧会の概要が詳説されたパンフレットが無料で配布されています。本展の“ほぼ図録”代わりのような充実ぶりで、本当に無料でいただいていいのだろうか、と思ってしまうほど内容が詰まっていました。帰宅してからの復習にも役立ちますので、お見逃しなく。

ライターの発展の歴史を学びつつ、まるで美術工芸品のような逸品から遊び心あふれる面白い作品まで、バラエティに富んだライターが見られる「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」は1225日(日)まで。観光には良い気候になってきました。近隣の東京スカイツリーや浅草巡りとあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

(ライター・齋藤久嗣)

たばこと塩の博物館で過去に開催された展覧会はこちら

新着情報をもっと見る