【26日まで】「第69回日本伝統工芸展」(日本橋三越本店)公募展の入選作や人間国宝の最新作など至高の558点が集う

9月14日から26日まで日本橋三越本店で日本工芸の公募展「第69回日本伝統工芸展」が開催されています。厳正な鑑審査を経て選ばれた入選作491点と重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作など、あわせて558点を紹介。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門の力作が一堂に会します。

第69回日本伝統工芸展
会期:2022年9月14日(水)~ 9月26日(月)
会場:日本橋三越本店 本館7階 催物会場東京都中央区日本橋室町1-4-1
開館時間:午前10時 ~ 午後7時(最終日午後5時終了)
観覧料:無料
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線 「三越前」駅より徒歩1分
愛知、京都、大阪など計11会場へ巡回します。
詳しくは日本工芸会のHPへ。

日本工芸会総裁賞をはじめ16の受賞作品

河野祥篁《透網代花籠「朝露」》

こちらの木竹工部門の作品は、日本工芸会総裁賞 を受賞した河野祥篁かわのしょうこうさんの透網代花籠すかしあじろはなかご「朝露」。網代編みの隙間から漏れる光の粒がまばゆいです!

作品との出会いを愉しむ

受賞作はもちろんのこと、ビビッとくる作品に出会えるはず。私の一押しは、人形部門の作品。服装、表情、仕草。細部にわたるまで精巧です。

中村信喬《陶彫彩色「相槌」》

作品により親しむコツは?

精緻な技巧に目が釘付けになったり、ダイナミックな造形に惹きつけられたり、個性あふれる作品が目白押し。「どうやって作られたんだろう?」「どういう意味が込められているんだろう?」と思うこともしばしばありました。

こちらの人形は、小島尚子さんの《木芯桐塑木目込もくしんとうそきめこみ「またね」》。小島さんの話によると、この作品は出かける前にすり寄ってきた猫に「またね」と声をかけるシーンを再現しているそう。よ~く見ると、女性の足元に猫が潜り込んでいますね。話を聞くことで、より一層作品に親しむことができました。

小島尚子《木芯桐塑木目込「またね」》

漆作家で本展にも出品している奥井美奈さんは、「漆芸の作品名は、技法+「作品のテーマ」で構成されていることが多いです」とアドバイスします。

出品作品の《乾漆蓋物「まとか」》について「ま~るい作品を作りたかった」と話す奥井美奈さん

このように何名かの出品作家が日替わりで在廊されているので、思い切って聞いてみてもいいかもしれません。(※ネームプレートをつけた方が作家とのこと。)

また、受賞作家や学識者が作品解説をするギャラリートークも開催されています。ギャラリートークの詳細については、こちらからご覧ください。

至高の伝統工芸の世界をのぞいてみませんか。

「染織」の展示風景

(読売新聞美術展ナビ編集班・美間実沙)

新着情報をもっと見る