週末いきたい!3連休で始まる展覧会、終わる展覧会 10選

今週末(17日~19日)は3連休です。カレンダーを見直すと、7月以来の久しぶりの3連休!このうちの1日は、美術館や博物館に行きたいと考えている人へ、3連休の初日の17日(土)開幕と、19日(月・祝)に閉幕の美術展・展覧会をそれぞれ5つずつ紹介します。

◇17日(土)開幕の5選

「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」東京シティビュー

さまざまなメディアでも報じられ、ファンの間で大きな話題となっている「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」が17日に東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で始まります。
美術展ナビでは、見どころから池田先生へのインタビューまで、ベルばら展の様々な切り口の記事を多数公開しています。もちろん、内覧会の速報もする予定ですので、お楽しみに。

「アンディ・ウォーホル・キョウト」京都市京セラ美術館

アンディ・ウォーホルは、ポップ・アートの代表的な作家。17日から京都市京セラ美術館で始まる「アンディ・ウォーホル・キョウト」では、門外不出の《三つのマリリン》など日本初公開の作品が100点以上展示されます。本展は巡回なしの京都だけの大回顧展です。こちらも内覧会を取材する予定です。

「ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて」ポーラ美術館

パブロ・ピカソ(1881-1973年)の「青の時代」(1901-1904年)を代表する重要作で、ポーラ美術館(箱根)のコレクションである《海辺の母子像》。従来のバルセロナ製作説からパリで製作したことが判明したばかりの同作を紹介する「ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて」が17日からポーラ美術館で始まります。

「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」Bunkamura ザ・ミュージアム

「宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの」世田谷美術館

◇19日(月・祝)に閉幕の5選

「新選組展2022―史料から辿る足跡―」福島県立博物館


こちらは閉幕後、京都文化博物館で10月1日~11月27日のスケジュールで開催されます。

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」名古屋市科学館

国立科学博物館を経ての名古屋会場。これが最後です。名古屋の方は、あのきらめきの空間をぜひ堪能してみたらいかがでしょうか。

「綺羅めく京の明治美術ー世界が驚いた帝室技芸員の神業」京都市京セラ美術館

特別デジタル展「故宮の世界」東京国立博物館平成館

先週の「週末いきたい!」でも紹介した東京国立博物館の特別デジタル展「故宮の世界」は、中国の彩色山水画の世界に没入(イマーシブ)できるデシタル展示です。
先週から泉屋博古館東京で始まった「古美術逍遙」展の学芸員さんの解説動画で、中国山水画をVRとして鑑賞する「技」を紹介しています。この動画を見てから、東博の「故宮の世界」展で迫力のVRを体験したら…中国絵画に目覚めそうです。

「復帰50年 特別展 沖縄、復帰後。展 -いちまでぃん かなさ オキナワ-」 沖縄県立博物館・美術館

 


(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

新着情報をもっと見る