往年の名作人形劇「平家物語」 第三部「乱」も再放送 9月27日から4日間で12話一挙に

義経は後白河法皇から内裏の守護を命じられる(第12話「落日粟津ケ原」から)

1993年から95年にかけて、NHKで放送された「人形歴史スペクタクル 平家物語」の第三部が9月27日(火)未明からNHK総合で再放送されます。この名作人形劇は、大河ドラマにもなった吉川英治の「新・平家物語」を原作に、日本を代表する人形美術家・川本喜八郎(1925-2010)の手により映像化。全5部56話から成り、清盛がこの世を去るまでを描いた第一部と第二部が8月に再放送され好評でした。

第三部「乱」は木曽義仲の進撃から上洛、平家の都落ち、義仲を滅ぼした義経が京に入るまでが描かれます。全12話を9月27日から30日までの4日間で放送します。放送予定は以下の通りです。

【9月27日(火)】=NHK総合

①「戦場の虹」     2時55分~3時15分

②「惨!倶利伽羅峠」  3時15分~3時35分

火牛の計という奇策に出た義仲

③「むざんやな斎藤実盛」3時35分~3時55分

人質の義高は頼朝の娘・大姫と仲良くなっていた

【9月28日(水)】=NHK総合

幼い安徳帝も平家とともに都落ち

④「六波羅焼亡」    2時55分~3時15分

⑤「平家都落ち」    3時15分~3時35分

⑥「義仲上洛」     3時35分~3時55分

【9月29日(木)】=NHK総合

⑦「木曽軍狼藉」    2時55分~3時15分

⑧「朝日将軍」     3時15分~3時35分

豊後の国司は平家が入るのを拒む

⑨「和睦の夢」     3時35分~3時55分

【9月30日(金)】=NHK総合

⑩「哀れ冬姫」     2時55分~3時15分

巴も武者姿で出陣

⑪「決戦・義仲対義経」 3時15分~3時35分

戦の中で葵も倒れた

⑫「落日粟津ヶ原」   3時35分~3時55分

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る