【開幕】「美をつくし―大阪市立美術館コレクション」サントリー美術館で11月13日まで なにわの名品が東京に結集

左:上村松園《晩秋》1943年(昭和18年) 右:北野恒富 《星》 1939年(昭和14年)

美をつくし―大阪市立美術館コレクション
会期:2022年9月14日(水)~ 11月13日(日)※作品保護のため、会期中展示替えを行います。
会場:サントリー美術館(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
開館時間:10:00~18:00(金・土は10:0020:00
※9月18日(日)・22日(木)、10月9日(日)、11月2日(水)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般1,500円 高大生1,000円 中学生以下無料
休館日:火曜日(11月8日は開館)
アクセス:都営地下鉄大江戸線・六本木駅出口8より直結
詳しくは同館の展覧会HPへ。
2023321日から521日までは福島県立美術館、2023916日から1112日までは熊本県立美術館に巡回します。

14日にサントリー美術館で開幕する「美をつくし―大阪市立美術館コレクション」の内覧会を取材しました。大阪市立美術館の大規模改修に伴う長期休館を機に、同館所蔵の8500件越えのコレクションから選ばれた143件(重要文化財14件)が一堂に会します。

豊富な中国美術コレクション

大阪市立美術館は国内屈指の中国美術コレクションを誇ります。本展のなかでもっとも古いのが、紀元前1411世紀の古代中国で作られた青銅器です!

《青銅 饕餮文斝とうてつもんか》殷・商時代 紀元前14~11世紀

記念すべき第1号コレクション

上村松園《晩秋》、北野恒富《星》など、近代日本画の名品も充実しています。その中には、大阪市立美術館の記念すべき第1号コレクションの橋本関雪《唐犬》からいぬも。二曲一隻にもかかわらず、スケールの大きさに圧倒されます。

左:上村松園《晩秋》1943年(昭和18年) 右:北野恒富 《星》 1939年(昭和14年)
橋本関雪《唐犬からいぬ》1936年(昭和11年)

館蔵品の半数を占めるカザールコレクション

「かわいい~…」と吐息をもらしてしまいそうなのが、スイス人実業家U..カザール氏が収集した根付です。「愛情をこめて展示しました」とサントリー美術館の上野主任学芸員は語ります。かがんで同じ目線から見つめると、愛らしさが増すようです。

カザールコレクションの彫根付の展示風景
カザールコレクションの面根付の展示風景

光琳から北斎まで

その他、尾形光琳《燕子花図かきつばたず》など、あげたらキリがありません。時代を超え、地域を超え、美をつくした名品に囲まれ、あれこれ目移りしてしまいます。これほど多ジャンルにわたる作品がまとめて展示される機会は、大阪でも滅多にないそう。まさに「身をつくし」て足を運びたい展覧会です。

尾形光琳《燕子花図》江戸時代・17~18世紀 ※展示期間:9月14日~10月17日
狩野派《四季花鳥図屏風》江戸時代・17世紀 ※展示期間:9月14日~10月10日
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川県沖浪裏》江戸時代・天保元年(1830年)頃 ※展示期間:9月14日~10月17日
大阪市立美術館のエントランスの様子も見ることができます。大規模改修後、どのような姿に生まれ変わるのでしょうか?

(読売新聞美術展ナビ編集班・美間実沙)

※出品作品は、全て大阪市立美術館の所蔵です。

新着情報をもっと見る