【開幕】新進気鋭の画家たちによるモダンな版画世界 「THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦」 神奈川・茅ヶ崎市美術館

THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦
会期:2022年9月10日(土)~11月6日(日)※前期・後期で作品の入れ替えあり
【前期】9月10日(土)~10月10日(月・祝)
【後期】10月12日(水)~11月6日(日)
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3 (神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45)
開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
観覧料:一般800円/大学生600円/市内在住65歳以上400円/高校生以下、障がい者およびその介護者は無料
休館日:月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
アクセス:JR茅ケ崎駅南口より徒歩約8分
詳しくは同館の展覧会HPへ。

大正以降、新たに高い芸術性を目指した版元と画家たちによって生み出された「新版画」。新版画のパイオニアとして牽引した渡邊庄三郎に着目する展覧会「THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦」が、茅ヶ崎市美術館で開幕しました。


渡邊庄三郎(1885~1962)は、勤め先だった横浜の美術商で出会った浮世絵のなかでも、とりわけバレンで摺る木版画特有の美しさに魅了され、木版画の復興と新しい版画制作に夢中になっていきました。

京橋に渡邊版画店を構えると、新進気鋭の画家たちによる作品を次々と世に出していったのです。


一見、版画とは思えないような精緻な線、「ざら摺り」など新版画の特徴ともいえる技法、そして100年経った現在でも美しい色彩……、版画作品の大衆的な楽しみ方に加えて、芸術作品として昇華していく過程が読み取れます。手がけた画家のなかには来日した外国人画家も多く、西洋美術の流れを感じ取れるような風景の描写や構図など、新たな魅力のあふれる作品も多くあります。チャールズ・W・バートレットのハワイの海を舞台にしたサーフィンをする姿が描かれた作品は、ここ茅ヶ崎とも相性が抜群で思わず足が止まります。

本展では、川瀬巴水や伊東深水など人気画家の作品も存分に楽しめます。とくに川瀬の作品は展示替えで大幅に入れ替わるため、ぜひ前後期とも見逃さずに楽しんでほしいところ。

さらに、地下の第3展示室にはかわいらしい動物たちが描かれた作品が集結しています。その多くは小原祥邨(古邨)のもので、近年再評価されている古邨が、のちに渡邊版画店と組み、祥邨として手がけた版画作品は必見です。
本展は会期中展示替えあり。11月6日まで。

新着情報をもっと見る