「日本工芸週間」 今年初開催、オンラインで9月18日に開幕 初日はオープニング国際フォーラム「超!工芸」 参加者を募集

日本工芸週間実行委員会(運営:一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン)は、今年を第一回目とする「日本工芸週間 Japan Craft Week」を9月18日(日)~9月25日(日)に、オンラインで開催します。

日本工芸週間は工芸の発展をめざし、様々なイベントの開催に加えて、工芸に関する情報発信の強化を目指しています。秋のお彼岸を含む一週間を工芸に親しむ特別な期間とし、家族や仲間と一緒に工芸に親しみ、工芸関係者の間ではジャンルを超えた共通課題を話し合う場づくりを進めます。

フォーラム「超!工芸」を開催。参加者募集中

初日の9月18日(日)には、オープニング国際フォーラム「超!工芸」を開催します。人間国宝の室瀬和美氏や大角幸枝氏、竹工芸アーティストの四代田辺竹雲斎氏、海外の視点からJapanCraft21のバイメル・スティーブエン・ヘイウッド氏
やギャラリストのロバート・イエリン氏が登場し「工芸と世界」などについて語り合います。実行委員会ではオープニング国際フォーラムの参加者を募集しています(参加費無料)。フォーラムの内容は以下の通りです。

<サイト>

https://bit.ly/3AF9doU

<申し込み窓口/無料>

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_zUH3ZyqPR_ueG_S9Yb5SyQ

■オープニング国際フォーラム概要(オンライン開催)

日 程:2022年9月18日(日)19時~21時

ウェブ:日本工芸週間のフォーラム紹介ページと二次元バーコード

会 場:オンラインZoomウェビナー/参加費無料/日英同時通訳

ウェビナー参加者1000人・YouTube同時配信

総合司会:草野満代(フリーアナウンサー)

室瀬和美(漆芸家・重要無形文化財「蒔絵」保持者)

●座談会 第1部

テーマ:「超!工芸」

時間 :19時~19時35分
「北陸工芸の祭典・GO FOR KOGEI 2022」
「竹の工芸 ワールドツアー(仮)」
「文化観光とはなにか」
「クラフト・ツーリズムの現在」ほか
登壇者:高山健太郎(GO FOR KOGEI 2022 特別展共同キュレーター/
株式会社artness代表/ART JOB FAIR 代表)
四代田辺竹雲斎(竹工芸アーティスト)
丸岡直樹(文化庁 文化観光推進コーディネーター)
岡本幸樹(株式会社ピハナコンサルティング)
近藤誠一(一般社団法人 TAKUMI – Art du Japon 代表理事・元文化庁長官)

●座談会 第2部

テーマ:「工芸と世界」
時間 :19時35分~20時20分
進行 :秋元雄史(練馬区立美術館館長・GO FOR KOGEI総合監修)
聞き手:大角幸枝(重要無形文化財「鍛金」保持者)
登壇者:アルベルト・カヴァリー
(ミケランジェロ財団エグゼクティブ・ディレクター)
バイメル・スティーブエン・ヘイウッド(JapanCraft21代表)
ロバート・イエリン(ロバート・イエリンやきものギャラリー)

●座談会 第3部

テーマ :「日本工芸週間・こうなったら面白い」
時間  :20時20分~21時

<日本工芸週間の開催概要>

タイトル:日本工芸週間 Japan Craft  Week

テーマ:年にいちど、工芸でつながる

秋のお彼岸は、工芸に親しむ“日本工芸週間”

メインサイト:https://takagamine.jp

※新しい日本文化ポータル「和綴watoji.j(https://watoji.jp)」内にも特設サイトβ版

会期:2022年9月18日(日)~25日(日)

※毎年、秋分の日を含む週の日曜日から日曜日まで

主催:日本工芸週間実行委員会

共催:公益社団法人日本工芸会

一般社団法人伝統的工芸品産業振興協会

一般社団法人TAKUMI-Art  du  Japon

北陸工芸プラットフォーム実行委員会

JapanCraft21

株式会社ピハナコンサルティング

一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン

助成:令和4年度日本博イノベーション型プロジェクト 補助対象事業

(独立行政法人日本芸術文化振興会/文化庁)

運営:日本工芸週間実行委員会 運営事務局

(一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン内)

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る