【プレビュー】比類なき美学の全貌 「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館で10月1日開幕

CD『KISSxxxx』ジャケット用イラスト(1990) ©Maki Kusumoto

「線と言葉・楠本まきの仕事」展  Maki Kusumoto:lines,words,between and beyond
会場:弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-3)
会期:2022年10月1日(土)~12月25日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日 ※ただし10月10日(月・祝)開館、10月11日(火)は休館。
アクセス:東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口/南北線「東大前駅」1番出口よりいずれも徒歩7分、JR上野駅公園口より徒歩20分
料金:一般1000円/大・高生900円、中・小生500円 ※竹久夢二美術館もご覧いただけます
監修:楠本まき ゲストキュレーター:楠本亜紀 アートディレクター:秋田和徳
協力:京都国際マンガミュージアム、京都精華大学国際マンガ研究センター、Landschaft、小学館クリエイティブ、Cafe&Bar十誡
※最新情報は同館ホームページ(https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/)で確認を。
展覧会ポスタービジュアル ⓒMaki Kusumoto

38年にわたる仕事を通覧

『KISSxxxx』、『Kの葬列』、『致死量ドーリス』、『赤白つるばみ』シリーズなど、繊細な「線」と「言葉」が織りなす唯一無二の作品世界で知られる漫画家・楠本まき。38年間にわたるキャリアの軌跡を原画、エッチング、書籍など約200点で振り返ります。

ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto
ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto

多分野のアーティストをインスパイア

楠本まきは1984年、16歳の時に「週刊マーガレット」でデビュー。2020年には「赤白つるばみ・裏/火星は錆でできていて赤いのだ」を刊行。フランス、イタリア、アメリカ、韓国などでも翻訳本が出版されています。現在はイギリス在住。

選び抜かれた言葉と、研ぎ澄まされた黒と白の線描によって構成された画面、装幀のこだわりと、比類ない美学で世代を超えたファンを獲得してきました。漫画界に限らずファッションや音楽はじめ、様々な分野のアーティストに影響を与えています。

「Kの葬列」より(1993) ©Maki Kusumoto

本人監修で作品世界の魅力伝える

本展は昨年、京都国際マンガミュージアムで開催された展覧会の巡回展。出品作品を増やしてさらにパワーアップしています。原画のほか、エッチング、全書籍、手書き指定の入った校正紙、ファックス、作品内に描かれた小道具も展示。作家本人の監修で、こだわりの仕事ぶりを実感できます。均一な細い線、ムラのないベタ塗り、0.01ミリ単位での調整、八枚もの校正紙など、作家の徹底した美意識が伺える貴重な資料が展示されます。

「いかさま海亀のスープ」より彩色前ペン画(1995) ©Maki Kusumoto

1話分を原画で読めるコーナーも

本展から追加展示となる原画の一部は、約1か月ごと(カラー原画は約2週間ごと)に展示替えを行います。期間は以下の通りです。

前期:①10/1~10/16、②10/18~10/30、中期:③11/1~11/13、④11/15~11/27、後期:⑤11/29~12/11、⑥12/13~12/25

また『KISSxxxx』の中から1話分全ページの原稿を展示し、原画でストーリーを読むことができるコーナーも設置されます。

展覧会限定メニューも

美術館併設のカフェでは、展覧会期間限定メニューを提供します(コースター付き)。

・特製カプチーノ ・「琥珀の蠱惑」(エッセイコミック『耽美生活百科』に登場するロイヤルミルクティー)

 

『いかさま海亀のスープ』(1998) ©Maki Kusumoto / SHINSHOKAN

 

「戀愛譚」より(1999) ©Maki_Kusumoto

併設の竹久夢二美術館でも展示

今年は詩人・萩原朔太郎の没後80年にあたり、全国52か所が参加する催しの一環で、併設の竹久夢二美術館にも「萩原朔太郎大全2022」コーナーがもうけられています。楠本まきはかねてから好きな詩人として朔太郎の名前を挙げていました。同コーナーでは、作品内で朔太郎の詩を引用したページの原稿(『KISSxxxx』、『赤白つるばみ・裏』)を特別公開します。

「ch-11」より 雑誌『ダ・ヴィンチ』のための描き下ろし(2000) ©Maki Kusumoto

Café&Bar  十誠とのコラボ企画も

銀座にある「BOOK  Café&Bar  十誠」とのコラボ企画も実施されます。展覧会チケットの半券の提示で、楠本作品の世界観を体現したメニューが100円割引となります。また十誠で配布されるフライヤーをお持ちいただくと、入館料が100円割引となります。限定グッズも販売されます。

期間:10月1日(土)~11月6日(日)

十誠ウェブサイト:https://zikkai.com

「Two Decades」展のためのエッチング(2003) ©Maki Kusumoto

<関連書籍>

展覧会にあわせて刊行された書籍『線と言葉 楠本まきの仕事 MAKI KUSUMOTO:LINES,WORDS,BETWEEN  AND  BEYOND』

発行:Landschaft

<楠本まきコレクション>好評刊行中

Vol.1『Kの葬列 愛蔵版』

Vol.2『KISSxxxx 愛蔵版』Ⅰ

Vol.3『KISSxxxx 愛蔵版』Ⅱ(9/29発売)

Vol.4『KISSxxxx 愛蔵版』Ⅲ(11/29発売)

発行:小学館クリエイティブ 発売:小学館

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る