【後期ルポ】いよいよ公開! 伊藤若冲 国宝《動植綵絵》10幅が一堂に  特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で9月25日まで

 

特別展「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」
会期:2022年8月6日(土)~9月25日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
開館時間:10:00~17:00
9月の金・土曜日は19:30まで開館
※入館は閉館の30分前まで
※本展は日時指定予約の必要はありませんが、今後の状況により入場制限等を実施する可能性があります。
観覧料金:一般 2,000円、高・大学生 1,200円
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料
休館日:月曜休館、ただし9月19日(月・祝)は開館
※会期中、展示替えおよび巻替えあり
前期展示:① 8月6日(土)~8月28日(日)/ ② 8月6日(土)~9月4日(日)
後期展示:① 8月30日(火)~9月25日(日)/ ② 9月6日(火)~9月25日(日)
詳しくは展覧会の公式HPへ。

東京藝術大学大学美術館にて開催中の、特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」。
いよいよお待ちかね、伊藤若冲の国宝《動植綵絵》が、8月30日より10幅公開となりました。
展示替えに伴いプレス内覧会が開かれたので、会場の様子をお届けします。
(※記事中、特に所蔵館の記載の無いものは、全て宮内庁三の丸尚蔵館蔵です。)

手前: 国宝 動植綵絵 芍薬群蝶図 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦7年(1757)頃 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 【展示期間】2022年8月30日(火)~9月25日(日)

国宝《動植綵絵》といえば、記憶に新しいのが2016年に東京都美術館で開催された「生誕300年記念 若冲展」。唯一無二の緻密な描写と、独特の色彩や構図で展開される大作は見る者を圧倒し、広く話題となりました。今回は全30幅のうち、10幅を一堂に公開。このようにまとまったかたちでの展示は、稀有な機会と言ってよいでしょう。

照明が工夫された展示ケースで、細かい技巧を堪能する

右より: 国宝 動植綵絵 紫陽花双鶏図 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦9年(1759) / 向日葵雄鶏図 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦9年(1759) / 蓮池遊魚図 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦11~明和2年(1761~65)頃 いずれも宮内庁三の丸尚蔵館蔵 【展示期間】2022年8月30日(火)~9月25日(日)

今回展示されているのは以下の10幅。

紫陽花の萼片がくへんひとつひとつの濃淡を絶妙に調節して描いた「紫陽花双鶏図」、上からの視点と横からの視点が、ひとつの画面に混在している「蓮池遊魚図」、蛙や虫など60種を超える生物が描き込まれた「池辺群虫図」をはじめ、「芍薬群蝶図」、「梅花小禽図」、「向日葵雄鶏図」、「老松白鶏図」、「芦鵞図」、「桃花小禽図」、「芦雁図」が会場に並んでいます。作品との距離が近いため、隅々まで鑑賞できるのも嬉しいですね。

手前: 国宝 動植綵絵 老松白鶏図(部分) 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦7~10年(1757~60)頃 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 【展示期間】2022年8月30日(火)~9月25日(日)

さて、若冲絵画を見る上で押さえておきたいのが「裏彩色うらざいしき」というテクニックです。

柔らかな発色効果を得るため、敢えて裏側から色をつける手法ですが、本展では白の濃淡がわかりやすいよう、《動植綵絵》の展示ケースはわずかに色温度を変えた照明が使われています。とくに「老松白鶏図」に描かれた鶏の羽はその効果を確認しやすいので、じっくりとその技巧を堪能してみてください。

ケースの隣には、わかりやすい解説パネルも。若冲の技巧の凄まじさに改めて驚きます。

生きているものはみな美しい 若冲による祈りの絵画

《動植綵絵》は、若冲が40代前半から50代前半までの約10年の歳月をかけて描き上げた超大作です。当初は《釈迦三尊像》(京都・相国寺蔵)とともに京都・相国寺に寄進されましたが、廃仏毀釈により相国寺は窮乏。同寺が作品保護を願い皇室へ献上したことで、宮内庁三の丸尚蔵館の収蔵品となりました。

手前: 国宝 動植綵絵 池辺群虫図 伊藤若冲筆 江戸時代 宝暦11~明和2年(1761~65)頃 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 【展示期間】2022年8月30日(火)~9月25日(日)

仏教に大きな影響を受けていた若冲は、《動植綵絵》の中に、この世のありとあらゆる生き物の生命の尊さや、生きているからこその美しさ、みな仏性を備えていて成仏できるという「草木国土悉皆成仏そうもくこくどしっかいじょうぶつ」の思想を込めて描いたとされています。

とりわけ「池辺群虫図」からはその想いを強く感じることができ、画中に息づく小さな生き物たちの姿は、それらを慈しむ若冲の眼差しが伝わってくるかのようです。

国宝《動植綵絵》以外にも注目したい レアな逸品が目白押し!

会場風景

そのほか国宝《動植綵絵》と同じ展示室では、830日からは円山応挙の《牡丹孔雀図》や、谷文晁の《虎図》など、近世から近代にかけて皇室が所蔵したものの中で、比較的普段は出品されにくい大きなサイズのものが展示されています。ちなみに星野蝉水の《月に亀図》が宮内庁三の丸尚蔵館から出るのは、本展が初めてなのだとか。

また、荒木寛畝による《旭日双鶴図》の珍しい表装も見どころのひとつです。こちらは明治天皇の銀婚式に因み、銀箔押しの裂と銀の軸首で表装が行われています。

手前より《旭日双鶴図》 荒木寛畝筆 明治27年(1894) / 《桐に鳳凰之図》 川端玉章筆 明治33年(1900) いずれも宮内庁三の丸尚蔵館蔵 【展示期間】2022年8月30日(火)~9月25日(日)

他の展示室も秋を感じさせる作品が加わっているなど、前期展示とかなり雰囲気が変わっていました。また、96日からは小野道風筆の国宝《屏風土代》も公開されます。

正直なところ、「《動植綵絵》は一度見たことがあるから……」と油断していましたが、やはり実物を前にすると、その強烈な存在感と技巧、気の緩むことのない強烈な描写に引き込まれてしまいました。

9月の金曜・土曜は、午後730分まで開館時間が延長となります。前期展示に訪れた方も、一度《動植綵絵》を見たことがあるという方も、ぜひこの機会をお見逃しなく!

(ライター・虹)

どんなグッズがある?グッズを購入して開封しました。

音声ガイドの置鮎龍太郎さんにインタビューしました。

全体の様子が分かるレビュー記事はこちら。

新着情報をもっと見る