【オペラ】“シーザーとクレオパトラ”を博物館のバックヤードで 「ジュリオ・チェーザレ」 新国立劇場の新シーズン開幕で10月に

『ジュリオ・チェーザレ』 パリ・オペラ座公演より Photo:Agathe Poupeney

有名なシーザーとクレオパトラの物語をオペラ化した「ジュリオ・チェーザレ」が新国立劇場の2022/2023シーズンの幕開けで登場します。17世紀から18世紀半ばにかけて、歌手の超絶技巧を披露するエンターテインメントとして隆盛を極め、近年またその価値が見直されて各地で盛んに上演されているバロック・オペラ。その中でも「ジュリオ・チェーザレ」は大作曲家ヘンデル(1685-1759 )の最高傑作のひとつとして名高く、上演機会も多いです。「ジュリオ・チェーザレ」とは、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)のイタリア語読み。チェーザレ(シーザー)、クレオパトラ、トロメーオ(プトレマイオス)といった世界史や古典文学、映画などでおなじみの顔ぶれが登場、古代ローマの英雄、ジュリアス・シーザーと、古代エジプトの美貌の女王クレオパトラをめぐる愛と権力闘争を描きます。

『ジュリオ・チェーザレ』パリ・オペラ座公演より Photo:Agathe Poupeney

今回は2011年にパリ・オペラ座ガルニエで初演されたロラン・ペリー演出版で上演されます。ペリー版は現代エジプトの博物館のバックヤードを舞台に設定。巨大な彫像や絵画が次々に現れるユーモアあふれる演出です。

出演者も豪華。タイトルロールのチェーザレにはバロックで特に評価の高いノルウェーのメゾ、マリアンネ・ベアーテ・キーランド。クレオパトラにはメトロポリタン歌劇場をはじめ世界の舞台で活躍するソプラノの森谷真理。さらにカウンタテナーの藤木大地、日本を代表するメゾソプラノの加納悦子、金子美香らが登場します。指揮はバロック音楽の世界的第一人者、リナルド・アレッサンドリーニ。

上段左からリナルド・アレッサンドリーニ(指揮)、藤木大地(トロメーオ)、森谷真理(クレオパトラ)、中段左から加納悦子(コルネーリア)、マリアンネ・ベアーテ・キーランド(ジュリオ・チェーザレ)、村松稔之(ニノーレ)、下段左から金子美香(セスト)、ヴィタリ・ユシュマノフ(アキッラ)、駒田敏章(クーリオ)

音楽的にも演劇的にも、また舞台の美術も、と様々な点で注目の上演。ゆったりとアートが楽しめる秋のお楽しみにいかがでしょう。チケット好評発売中です。

『ジュリオ・チェーザレ』パリ・オペラ座公演より Photo:Agathe Poupeney

【公演概要】

令和4年度(第 77 回)文化庁芸術祭主催公演
新国立劇場 2022/2023 シーズンオペラ
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル

ジュリオ・チェーザレ

Georg Friedrich HÄNDEL / Giulio Cesare

全 3 幕〈イタリア語上演/日本語及び英語字幕付〉
【公演日程】 2022 年 10 月 2 日(日)14:00/5 日(水)17:00/8 日(土)14:00/10 日(月・祝)14:00
【会場】新国立劇場 オペラパレス(東京・初台)
【チケット料金】 S:27,500 円 ・ A:22,000 円 ・ B:15,400 円 ・ C:8,800 円 ・ D:5,500 円・ Z:1,650 円
 ※予定上演時間:約 4 時間 15 分(休憩含む)
指 揮 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ リナルド・アレッサンドリーニ
Conductor                Rinaldo ALESSANDRINI
演 出・衣 裳 ・・・・・・・・・・・・・・ ロラン・ペリー
Production, Costume Design        Laurent PELLY
美 術 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ シャンタル・トマ
Set Design                Chantal THOMAS
照 明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジョエル・アダム
Lighting Design              Joël ADAM
ドラマトゥルク ・・・・・・・・・・・・ アガテ・メリナン
Dramaturg                Agathe MÉLINAND
演出補・・・・・・・・・・・・・・・・・ ローリー・フェルドマン
Revival Director              Laurie FELDMAN
舞台監督 ・・・・・・・・・・・・・・・・髙橋尚史
Stage Manager              TAKAHASHI Naohito
ジュリオ・チェーザレ ・・・・・・・・ ・マリアンネ・ベアーテ・キーランド
Giulio Cesare               Marianne Beate KIELLAND
クーリオ ・・・・・・・・・・・・・・・ 駒田敏章
Curio                   KOMADA Toshiaki
コルネーリア ・・・・・・・・・・・・・加納悦子
Cornelia                  KANOH Etsuko
セスト ・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子美香
Sesto                   KANEKO Mika
クレオパトラ ・・・・・・・・・・・・・ 森谷真理
Cleopatra                 MORIYA Mari
トロメーオ ・・・・・・・・・・・・・・藤木大地
Tolomeo                  FUJIKI Daichi
アキッラ ・・・・・・・・・・・・・・・ ヴィタリ・ユシュマノフ
Achilla                   Vitaly YUSHMANOV
ニレーノ ・・・・・・・・・・・・・・・村松稔之
Nireno                   MURAMATSU Toshiyuki
合唱指揮 ・・・・・・・・・・・・・・・ 冨平恭平
Chorus Master               TOMIHIRA Kyohei
合 唱 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新国立劇場合唱団
Chorus                 New National Theatre Chorus
管弦楽 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京フィルハーモニー交響楽団
Orchestra                Tokyo Philharmonic Orchestra
芸術監督 ・・・・・・・・・・・・・・・大野和士
Artistic Director               ONO Kazushi
主催・・・・・・・・・・・・・・・・・ 文化庁芸術祭執行委員会/新国立劇場
Production of l’Opéra national de Paris
【チケットのご予約・お問い合わせ】 新国立劇場ボックスオフィス TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00) 新国立劇場Webボックスオフィス http://nntt.pia.jp/
【チケット取り扱い】チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットほか * Z席 1,650 円:公演当日朝 10 時より、新国立劇場 Web ボックスオフィスほかで販売。1人1枚。電話予約不可。 * 当日学生割引(50%)、ジュニア割引(20%)、高齢者割引、障害者割引、学生割引、当日学生割引(50%)など各種割引あり。*未就学児入場不可。

(読売新聞美術展ナビ編集版 岡部匡志)

新着情報をもっと見る