【プレビュー】「もうひとつの浮世絵」の世界を満喫――企画展「北斎ブックワールド―知られざる板本の世界―」 すみだ北斎美術館で9月21日から

企画展「北斎ブックワールド―知られざる板本の世界―」

  • 会期

    2022年9月21日(水)11月27日(日) 
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、高校生・大学生700円、65歳以上700円、中学生300円、障がい者300円、小学生以下無料

  • 休館日

    月曜休館、ただし10月10日は開館し、11日を休館

  • アクセス

    JR両国駅東口から徒歩9分、都営地下鉄大江戸線両国駅A3出口から徒歩5分
  • カレンダーへ登録

※前期(~10月23日)、後期(10月25日~)で展示替えあり。詳細情報はホームページ(https://hokusai-museum.jp/)で確認を。

浮世絵といえばまず版画、そして時々肉筆画、というイメージだろうか。でも、実際には、浮世絵が「活躍」した「舞台」はそれだけではない。読本の挿絵、絵手本などの「出版物」にも数多くの作品は掲載されているのである。この展覧会のチラシによると、もともと〈一枚摺の木版画は、板木に文字や挿絵を彫って摺ったものを本に仕立てた「板本(はんぽん)」から、次第に絵のみが独立したともいわれ〉ているのであり、この美術館の“主人公”である葛飾北斎自身も、数多くの板本で活躍しているのだ。「北斎ブックワールド」と題された今回の企画展は、そういう「板本」の世界にスポットライトを当てたものである。

葛飾北斎『椿説弓張月』続編 巻四 すみだ北斎美術館蔵(通期)

展覧会は「板本の基礎知識」「板本に関するトピックス」「所蔵者・読者の痕跡」「板本の優品」の4章構成。まず、「板本の基礎知識」では、北斎の時代の「板本」について、書誌学上の基礎知識を解説する。江戸時代の大衆文学である「読本」、北斎がよくコンビを組んでいたのが、曲亭馬琴である。中でも源為朝の活躍を主題にした『椿説弓張月』は当時の大ベストセラーであり、迫力満点の挿絵も評価が高い。「絵手本」は文字通り解釈すれば「絵を習うための手本」だが、実際は絵師が思いのままに描いた「イラスト集」「図案集」的なもの。有名な『北斎漫画』もそのひとつなのである。

葛飾北斎『北斎漫画』八編 すみだ北斎美術館蔵(通期)
葛飾北斎『飛騨匠物語』下、葛飾北斎『新板 飛騨匠物語』四 いずれもすみだ北斎美術館蔵(通期)

2章「板本に関するトピックス」では、北斎や門人が板本のために工夫した絵画表現などを紹介。板本は手作りのため全く同じものはない。同じ書名でも見比べてみると、細かく変わっていたりする。例えば、『飛騨匠物語』とその後摺にあたる『新板 飛騨匠物語』を比較してみよう。姫君が将来の夫たちを夢にみる場面、初摺では夢の中の夫たちの背景を濃墨にし、寝ている現実の姫君と対比させている。しかし、後摺では濃墨が省かれ、夢と現実の境目がわからなくなっているのである。

葛飾北斎『橋供養』巻之一、巻之二 すみだ北斎美術館蔵(通期)

すみだ北斎美術館所蔵の板本は、江戸時代に刊行された後、数人の手を経てきて伝えられたものだ。そこには蔵書印や、所蔵者や読者による書き込みなどもみられる。『橋供養』巻之二には、巻之一の北斎の口絵の人物をまねた落書きがある。この本は貸本屋が持っていたものだが、貸本屋の所蔵本には読者の感想が書き込まれていたり、逆に貸本屋から利用者に宛てて「落書きをしないように」と注意喚起している例があるという。

葛飾北斎『さむたらかすみ』すみだ北斎美術館蔵(前期)

最後の章は「板本の優品」、墨一色で摺られたものが多い「板本」だが、錦絵のような多色摺もある。本の形で「閉じた」状態で保存されてきたことで、非常に鮮明な色のまま伝えられているものもある。例えば、『さむたらかすみ』。寛政から享和(1789-1804)の頃には豪華な狂歌本が盛んに出版されたが、これもそのひとつ。遺存数も数点しか知られていない希少な板本で、すみだ北斎美術館では初公開だ。下に掲載したのは、北斎の門人、魚屋北溪が狂歌本『三都廼友会(みつのともえ)』に寄せた挿絵。隅田川の渡し船の情景が描かれ、月が照らす波の表現には銀摺が用いられている。収載された狂歌師のなかには、狂歌堂島人(人吉藩主・相良頼徳)や歌垣綾麿(綾部藩主・九鬼隆度)などの大名も含まれており、出版の助力をした可能性も考えられ、大変美麗な本となっている。展示される作品は、前後期あわせて約110点。出版文化が花開いた江戸時代、「板本」の世界には、「読む」楽しさがあふれている。

魚屋北溪『三都廼友会』すみだ北斎美術館蔵(前期)

新着情報をもっと見る