【プレビュー】「響きあうジャパニーズアート -琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初⾳ミク・リラックマ-」細見美術館(京都)で9月6日から

鉄腕アトム×富士山 ©手塚プロダクション

響きあうジャパニーズアート -琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初⾳ミク・リラックマ-
会場:細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
会期:2022年9⽉6⽇(火)〜12⽉4⽇(⽇)
休館日:月曜日(祝⽇の場合、翌⽕曜⽇)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)
観覧料: 一般 1,400円、学生700円
詳しくは細見美術館の公式ページヘ。

琳派や伊藤若冲の江戸時代の美と、鉄腕アトム、初⾳ミク、リラックマなどの現代のキャラクターが時代を越えて融合する展覧会「響きあうジャパニーズアート -琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初⾳ミク・リラックマ-」が細見美術館(京都市左京区)で9月6日(火)から12月4日(日)まで開催されます。

日本画との意表を衝くマッチング

細⾒コレクションの琳派・若冲作品とともに紹介されるのは、なんと鉄腕アトムや初音ミク、リラックマといった⽇本のポップカルチャーを代表するキャラクターたち。彼らと「日本画」の意表を衝くマッチングに注目です。

リボンの騎士×業平東下り ©手塚プロダクション
ユニコ×楓紅葉 ©手塚プロダクション
リラックマ×磯馴松 ©2022 San-X Co., Ltd.All Rights Reserved.

これらは、現代を描く日本画の制作プロジェクト「―琳音りんね―」による作品で、キャラクターたちが琳派や若冲など江⼾時代の名画の⼀場⾯を借り、あるいはモチーフの⼀部に成り代わって登場します。背景も主役もすべて⼿描きによって写し取った現代の友禅絵師の筆技も必見です。

伊藤若冲の「鶏図押絵貼屛風」(細見美術館蔵)の鶏と共演するのは、初音ミク。孤を描く尾羽は流麗なミクの髪の流れに呼応しているようです。

本展は、2021年秋から22年初春にかけて、ミュンヘン五⼤陸博物館で開催された展覧会「RIMPA FEAT. MANGA:Japanische Malerei aus der Sammlung Hosomi」の帰国記念展です。世界に発信され、多くの⼈々に愛されるジャパニーズアート「日本画」と「ポップカルチャー」。固定観念にとらわれず、その響きあいを楽しみたい展覧会です。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)

細見美術館では8月28日まで「美しき⾊、いにしへの裂 -〈ぎをん齋藤〉と〈染司よしおか〉の挑戦-」が開催。

新着情報をもっと見る