【プレビュー】「アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション」そごう美術館(横浜)で9月10日から

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション

  • 会期

    2022年9月10日(土)10月16日(日) 会期中無休
  • 会場

    そごう美術館
    https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
    横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店6F
  • 観覧料金

    一般1,200(1,000)円 大学・高校生1,000(800)円 中学生以下無料 ※( )内は前売

  • 開館時間

    10:00〜20:00 【 事前予約不要 】 ※入館は閉館の 30 分前まで。
    ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

アールヌーヴォーの華麗な絵付けを施された作品や、アールデコの可憐なモチーフがはかなく咲いた作品など、オールドノリタケの陶磁器やデザイン画などを紹介する展覧会「アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション」が9月10日(土)から10月16日(日)まで、そごう美術館(そごう横浜店6階)で開催されます。

オールドノリタケとは

オールドノリタケとは、明治中期から第二次世界大戦期にかけて、現・株式会社ノリタケカンパニーリミテドのルーツである、森村組および日本陶器によって製作・販売・輸出された陶磁器のことを指します。当時の欧米の顧客ニーズをいち早く取り入れながら、新しいデザインの陶磁器を次々と生み出し、欧米で人気を博しました。

《色絵金盛薔薇文飾壺》1891-1921年頃
《色絵金彩藤文花瓶》1891年-1921年頃

「横浜」とオールドノリタケ

明治の開国後、世界に向けて開かれた港「横浜」。オールドノリタケの発展に大きく貢献した二人の人物に注目します。

森村市左衛門(1839-1919)は、後に森村組・日本陶器の創始者となる人物。横浜で舶来品を仕入れ、武家に販売する商いをしていました。そののち、欧米で日本をはじめとする異国への関心の高まった19世紀後半には、アメリカに渡った弟・豊と共に、陶磁器の製造・輸出・販売を行います。

大倉孫兵衛(1843-1921)は江戸・日本橋の絵草子屋に生まれ、横浜では外国人を相手に錦絵の販売をしていました。大倉は、美術に関する優れた感性を活かし、主にデザインの面で手腕をふるいます。

横浜にゆかりある二人の活躍により、オールドノリタケの名は欧米で広く知られることとなりました。

《色絵金彩婦人型ドレッサーセット》1908-26年頃
《色絵ラスター彩花文鳥付掛花入》1920-31年頃
《色絵金彩婦人文蓋物》1920-31年頃
《色絵白盛梅文カップ&ソーサ―》1911-21年頃
《色絵エッチング金盛牡丹文双耳花瓶》1911-21年頃
《白盛牡丹文香水瓶》1908-26年頃

優れた技巧、描かれたモチーフ、デザインの様式、陶磁器の器種などが紹介され、様々な角度からオールドノリタケをひも解きます。

また、展示室内にはオールドノリタケの作品でコーディネートされたアフタヌーンティーのテーブルが再現されるなど、オールドノリタケの文化が花開いた横浜の地で、その色彩とデザインの美しさを存分に堪能できる展覧会です。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る