【京のミュージアム #8】相国寺承天閣美術館 教科書で見た実物がここに 「武家政権の軌跡-権力者と寺」展 12月11日まで

歴代の室町幕府将軍の肖像画が並んだ第一展示室

相国寺の承天閣美術館で、室町時代の創建時から江戸時代までの武家政権との関係を示す肖像画や墨蹟、絵画、古文書などを紹介する展覧会が開かれています。相国寺は臨済宗相国寺派の大本山で、室町幕府第三代将軍の足利義満によって創建されました。京都五山の第二位に列せられ、時の権力者と深く関わって来ました。境内には本山をはじめ十三の塔頭寺院が、山外塔頭には鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、真如寺があります。展覧会ではこれらに伝わる、普段目にすることの出来ない室町幕府歴代将軍の肖像画や、中国絵画、中国皇帝の勅書などⅠ、Ⅱ期合わせて96件が展示されます。このうち1件が国宝、11件が重要文化財で34件が初公開です。

企画展「武家政権の軌跡-権力者と寺」展

  • 会期

    2022年8月8日(月)12月11日(日) 
  • 会場

    相国寺承天閣美術館
    https://www.shokoku-ji.jp/museum/
    〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
  • 休館日

    10月7()1015()

  • 開館時間

    10:00〜17:00 (入館は午後16時30分まで) 
  • 拝観料

    一般800円、65歳以上・大学生600円、中高校生300円、小学生200円
  • アクセス

    地下鉄「今出川」駅3番出口から下車徒歩8分、市バス「同志社前」下車徒歩6分、同「烏丸今出川」下車徒歩8分
  • カレンダーへ登録

Ⅰ期 88()106()

Ⅱ期 1016()1211()

詳しくは相国寺承天閣美術館ホームページ

【第1展示室】 第1章 足利将軍の寺

展示は第一、第二展示室に別れ、5章からなります。第1章は「足利将軍の寺」。相国寺は足利家の邸宅・花の御所の東隣にありました。足利家の菩提寺の役割を果たし、それぞれの塔頭には義満以後13人の将軍の位牌(14代義栄を除く)が安置されていました。また、追善供養の法要で拝するための肖像画も制作されます。廃絶した塔頭に伝わった位牌と肖像画も、統合した別の塔頭などに伝わっており、足利家との深い関係を示しています。

(右) 「足利義満像」 元鹿苑院 室町時代 木造彩色 相国寺蔵 通期展示  (左) 「足利義満像」 元鹿苑院 江戸時代 絹本著色 相国寺蔵 Ⅰ期展示

義満は相国寺を創建した開基かいきです。武家なのに僧形ですが、38歳の時に相国寺の住職を戒師として出家しています。戒名は鹿苑院殿准三宮大相国天山大居士。院号を冠した鹿苑院に墓がありましたが、明治に廃絶してしまいます。墓は残っていませんが、寺宝は本山相国寺に引き継がれました。木造も肖像画も眉が下がった顔をしています。実際にそうだったと言われているそうです。

(右)「足利義政像」 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 通期展示 初公開  (左)「足利義政真蹟」 室町時代 紙本墨書 大光明寺蔵 Ⅰ期展示

八代将軍義政は東山文化を開花させた人です。応仁の乱が起きたときの将軍でもあります。他の将軍の肖像画は比較的穏やかな顔をしているのですが、義政は厳しい表情に見えます。背景を知りたくなって来ます。今も相国寺の塔頭である慈照院に墓が残っています。

(右)「夢窓疎石頂相」 元慧林院 南北朝時代 絹本著色 相国寺蔵 Ⅰ期展示  (左)「夢窓疎石墨蹟」 七言絶句 南北朝時代 紙本墨書 鹿苑寺蔵 Ⅰ期展示

頂相ちんそう」とは禅僧の肖像画のことです。肖像画を弟子に与えることで仏法相伝の証しにしました。後には祖師の遺徳を讃えるものとして描かれるようになったということです。
夢窓疎石むそうそせきは鎌倉末から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧で、足利尊氏ら武士からの帰依も篤く、五山派中最大の門派をなしました。彼の甥であり教えを受け継いだ春屋妙葩しゅんおくみょうはが実質的な相国寺の開山ですが、自分は「第二世」とし、夢窓疎石を「第一世」としました。春屋妙葩は義満から全国の五山派の禅寺・禅僧を統轄する「天下僧録司」に任ぜられます。いかに相国寺が力を持っていたかが分かります。

(上)「鹿苑寺舎利殿勅額」 究竟頂 額字写 近代 紙本墨書 鹿苑寺蔵 通期展示 初公開 (下)「鹿苑寺舎利殿勅額」 究竟頂 南北朝時代 木造 鹿苑寺蔵 通期展示 初公開

義満の山荘北山殿(後の鹿苑寺)の、三層あった舎利殿(通称金閣)の最上層に掲げられていた額。後小松天皇の直筆です。かなり薄くなってはいますが、上に展示された写しと合わせてよく見ると、「究竟頂くっきょうちょう」と読めます。「究竟」とは仏教用語で「究極の境地」の意味です。「究竟頂」で金閣の最上層を表わしますが、権力の頂点にいた義満を指しているとも言われるそうです。それにしても、よく昭和25年の火災で消失しなかったものです。その前に外されていたのでしょうか。

【第2展示室】 第2章 乱世の寺

「耳川合戦図屏風」 探意筆 八曲一隻  江戸時代 紙本金地著色 相国寺蔵 通期展示
(左)「足利義昭公帖 西笑承兌宛」 天正11年(1583)11月27日 室町時代 紙本墨書 通期展示 初公開

公帖とは禅林官寺の住持職を任命する辞令のことです。歴代の足利将軍が発給者でしたが、天正14年5月以降は豊臣秀吉に替ります。相国寺第九十二世の西笑承兌せいしょうじょうたいはこの後、秀吉から南禅寺住持職の公帖を受け、さらに江戸時代になると徳川家康のブレーンになります。時の武家政権と寺の結び付きがよく分かります。

第3章 江戸幕府と寺

「徳川幕府朱印状櫃(籠) 江戸時代 相国寺蔵 通期展示

徳川幕府は将軍の代替わりごとに寺領安堵の朱印を発行しました。その度に籠に朱印状を入れて江戸まで行ったそうです。応仁の乱から戦国時代にかけて多くの寺が寺領を失い、存亡の危機に瀕しています。寺領を安堵してもらうのは必須のことだったのでしょう。

「朝鮮通信使国書櫃」 江戸時代 相国寺蔵 通期展示

江戸時代の朝鮮通信使については、対馬藩が取り仕切っていたような印象があります。でも、五山の僧が深く関わっていました。五山の僧が持ち回りで2~3年ほど対馬に駐在し、外交事務や通訳・案内などの役割を果たしていたそうです。幕府も漢文など僧の高い学識を頼りにしたのでしょう。

第4章 武家に示した寺宝 第5章 武家の求めた至宝

江戸時代、相国寺はたびたび幕府に宝物の届け出をしています。今回は幕府の巡見の際に差し出した目録「本山塔頭什物記」が展示されています。「什物じゅうもつ」とは仏教教団が所有している日用品や、代々伝わる宝物のことです。そこに記載された、現在国宝や重要文化財に指定されている名品の数々も見ることが出来ます。

(右)「明永楽帝勅書」明時代 紙本墨書 相国寺蔵 Ⅰ期展示 重要文化財 初公開 (左)「後小松天皇宸翰 叢林秘事(写本)」江戸時代 紙本墨書 相国寺蔵 通期展示

「明永楽帝勅書」は中国・明の永楽帝が遣明使に発給した勅書です。皇帝の象徴である五爪の龍と瑞雲文が字の背後に見て取れます。足利義満を[日本国王]とした文字もあります。永楽帝は永楽元年(1403)に足利義満を[日本国王]として、中国を宗主国とする冊封貿易を開始します。義満の周辺はこうした貿易で、多くの唐物と呼ばれる大陸からの文物で溢れることになります。「後小松天皇宸翰 叢林秘事」は目録「本山塔頭什物記」の筆頭に記載されています。宸翰とは天皇の自筆文書のことで、これは当時の内大臣が写したものです。

(左)「鳴鶴図」 文正筆 双幅 明時代 絹本著色 相国寺蔵 Ⅰ期展示 重要文化財

「鳴鶴図」は相国寺第六世の絶海中津ぜっかいちゅうしんが洪武9年(1376)に、明から日本に戻る際に持って来たというものです。享保16年(1731)に京都所司代を通して将軍が上覧されています。伊藤若冲や狩野派など、多くの絵師が模写し、手本としたと言われる名品です。

歴代足利将軍の肖像画や永楽帝の勅書など、教科書や本で見た写真の実物が目の前にあります。また多くの公帖や朱印状、朱印状櫃や通信使国書櫃など歴史の証人のような文物は、歴史に関心のある者にとっては見逃せない展示でした。

◆相国寺承天閣美術館

相国寺(正式名称・萬年山相国承天禅寺)の創建600年を記念して、昭和594月に建設された。本山相国寺や鹿苑寺(金閣)、慈照寺(銀閣)、その他塔頭に伝わる美術品を保存、展示公開、修理、研究調査を目的としている。伊藤若冲や円山応挙、長谷川等伯など数多くの文化財を収蔵しており、国宝は5点、重要文化財は145点に及ぶ。

★ ちょっと一休み ★

相国寺の西、烏丸通りに面してある「果物&フルーツパーラー」ヤオイソ烏丸店。果物店も兼ねていてマンゴー、パイン、グレープ、メロン、イチゴ、桃、パパイヤなどなど、それぞれの果物の食べ頃を見極めたメニューが特徴。フレッシュなジュース、パフェや季節のフルーツを挟んだサンドイッチも人気だ。いくつかを組み合わせたセットメニューもある。筆者が選んだのは桃のパフェ(1210)。桃の上に生クリーム、下にはアイスクリーム。それぞれの甘さが出しゃばらずにマッチして、上品な甘さでした。正月を除いて定休日はなし。営業時間は午前10時から午後5時。

(ライター・秋山公哉)

新着情報をもっと見る