【BOOKS】「古寺行こう」12号は高野山(和歌山県) シリーズ初の京都・奈良以外の寺院

隔週のウィークリーブック「古寺行こう」(小学館)の12号(8月2日)が発売されています。今号は、シリーズ初となる京都・奈良以外の特集となる「高野山」(和歌山県)です。

空海が山上に理想の宗教空間として創出した高野山は、真言宗総本山の金剛峯寺を中心に117か寺の子院を数える真言密教の聖地です。

シリーズの売りである長さ80センチのパノラマ誌面では、国宝「阿弥陀聖衆来迎図」(有志八幡講)を紹介。この国宝は、紡ぐプロジェクトで2026年完了予定で修復中のため、実物を見る機会はしばらくありません。

この国宝の修理の様子は、紡ぐプロジェクトのサイトで知ることができます。


価格770円、購入は書店や小学館のサイトから各ネット書店で。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)

新着情報をもっと見る