【レビュー】好対照のふたりの「繁」、その魅力が十分に――アーティゾン美術館で「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」展

NEW
展示風景

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎

  • 会期

    2022年7月30日(土)10月16日(日) 
  • 会場

    アーティゾン美術館(6・5階展示室)
    https://www.artizon.museum/
    東京都中央区京橋1-7-2
  • 観覧料金

    ウェブ予約チケット1600円、当日チケット(窓口販売)1800円、高校生・大学生・専門学校生無料(要予約)、中学生以下無料(予約不要)、障害者手帳をお持ちの方と付き添い1名無料(要予約)。

  • 休館日

    月曜休館、ただし9月19日、10月10日は開館し、翌日の9月20日、10月11日が休館

  • アクセス

    JR東京駅(八重洲中央口)、東京メトロ銀座線・京橋駅(6番、7番出口)、東京メトロ・銀座線/東西線/都営浅草線・日本橋駅(B1出口)から徒歩5分
  • カレンダーへ登録

※前期(~9月11日)、後期(9月13日~)で一部展示替えあり。

※詳細情報は同館HP(https://www.artizon.museum/)で確認を

青木繁(1882-1911)と坂本繁二郎(1882-1969)、ともに現在の福岡県久留米市に生まれた「ふたりの繁」の展覧会である。同じ年に生まれたふたりは、同じ高等小学校で学び、同じ洋画塾で画家を志した。ふたりはアーティゾン美術館の創設者、石橋正二郎氏が本格的に美術品収集を始めるきっかけになった画家なのだといい、そのふたりの生誕140年に開催するこの「2人展」は、旧石橋美術館(現在の久留米市美術館)で1956年に開いて以来、66年ぶりのものだそうだ。美術館にとっては、思い入れのある作家なのだろう。約250点に及ぶ作品展示と丁寧な解説で、「ふたりの繁」にどんな特徴があるのか、それぞれどんな「人生の旅」をたどったのか、それらがよく分かる構成になっている。

青木繁《海の幸》1904年 油彩・カンヴァス 重要文化財 石橋財団アーティゾン美術館蔵
坂本繁二郎《牛》1919-65 年 油彩・カンヴァス 個人蔵

「ふたりの繁」のうち、世の中により広く知られているのは、「青木」の方だろうか。代表作の《海の幸》は、ちょっとしたアートファンならどこかで見たことのある作品だろう。一方の「坂本」は、フランス留学後、故郷の福岡に戻り、そこを拠点として創作を続けていたそうで、ちょっと地味な感じがするのは否めない。ちなみに石橋正二郎氏は、このふたりと同じ久留米市で1889年に生まれている。なるほど、それでか。「ふたりの繁」への思い入れがあることに納得してしまう。展覧会は、ふたりが絵を描き始めた頃、久留米の画塾に通い始めたところから始まるのだが、その辺りの歩みから、展示と説明は細やかだ。青木が早世した後に、坂本はその作品が散逸するのを惜しみ、石橋正二郎氏に遺作を集めて美術館を建ててもらいたい、話したことがあるという。現在の石橋財団には、青木と坂本の作品が約60点ずつ所蔵されており、アーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)では青木の回顧展が2011年、坂本の回顧展が2006年に開かれているという。なるほど、それでか。ふたりの作品の収集が、美術館にとっても特別なものだということがよく分かる。

青木繁《海》1904 年 油彩・カンヴァス 石橋財団アーティゾン美術館蔵
坂本繁二郎《帽子を持てる女》1923 年 油彩・カンヴァス 石橋財団アーティゾン美術館蔵

その「ふたりの繁」は、好対照の人物だったようだ。「動」の青木と「静」の坂本。才気煥発で早熟な青木と内省的で晩成の坂本。展示された作品を見ていると、その違いがよく分かる。《海の幸》や《黄泉津比良坂》、あるいは《海》といった青木の作品を見ていると、象徴主義や印象派、新印象派といった西洋の画壇の流れをしっかりと把握し、そのうえで「自分の絵」を作り出そうとしている姿勢が見えてくる。《牛》などの坂本の作品からは静謐で、どこか「和」の香りが漂ってくる。フランスに留学しているのだから、もちろん当時の最先端の絵画から様々な刺激を受けているのだろうが、それを直接的に作品に反映させようとはしなかったようだ。いったん自分自身で咀嚼して、消化した後に、創作へとつなげていく。そういう地道な歩みが見て取れるのである。

青木繁《行道面》1900-03 年頃 鉛筆水彩・紙 石橋財団アーティゾン美術館蔵(後期のみ展示)
坂本繁二郎《月》1966年 油彩・カンヴァス 無量寿院蔵(福岡県立美術館寄託)

とはいえ、青木にも「血となり肉となる」地道な作業はある。今回の展示の目玉のひとつは、「仮面スケッチ」といわれる青木の作品25点。伎楽や舞楽などの面を写したこれらの作品は、長らく非公開になっていたため、まとまって展示されるのは約40年ぶりだという。それを見ていると、青木がいかに「日本人のルーツ」に向き合っていたのかがよく分かる。こういうベーシックな作業の積み重ねがあってこそ、神話的な世界に大胆に取り組んでいけたのではないか、と思ったりもする。そういう対比で言うと、様々な刺激を取り込み、咀嚼し、自分のものとしていった坂本の到達点が、晩年の《月》の連作なのかもしれない。柔らかく幻想的で、心にしみいるようなシンプルな世界。やはり、それは心を打たれる。

展示風景

「ふたりの旅」と題された今回の展覧会。なるほど、「ふたりの繁」の人生と画業、それを巡る世の中の動きがいい対比になっていて、力の入った企画になっている。それこそ「絵に描いたような」好対照のふたり、一覧を終えて、一編の小説を読み終えたような心持ちになった。

(事業局専門委員 田中聡)

 

新着情報をもっと見る