【レビュー】水をテーマに涼やかに――特別展「水のかたち -《源平合戦図》から千住博の『滝』まで-」 山種美術館で9月25日まで

展示風景

特別展「水のかたち -《源平合戦図》から千住博の『滝』まで-」

  • 会期

    2022年7月9日(土)9月25日(日) 
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1300円、高校・大学生500円、中学生以下無料ほか。

  • 休館日

    月曜休館、ただし9月19日は開館し、9月20日が休館

  • アクセス

    JR恵比寿駅西口、東京メトロ日比谷線恵比寿駅2番出口から徒歩約10分
  • カレンダーへ登録

※詳細情報はホームページ(https://www.yamatane-museum.jp/)で確認を。

四季折々、豊かな自然に囲まれたニッポンは、水の豊かな国でもある。生命をたたえた海、小川のせせらぎ、神秘的な深山渓谷……。「水」のある風景は、数多くの芸術家たちの画題になってきた。そんな作品を集めたのが今回の特別展である。

川合玉堂《雪志末久湖畔》1942(昭和17)年 絹本・墨画淡彩 山種美術館
菱田春草《雨後》1907(明治40)年頃 絹本・彩色 山種美術館

夏でも冬でも、ニッポンの風景には、どこかウェットな空気が漂っている。それはどこか優しくもあり、何とも言えず幻想的でもある。長谷川等伯の《松林図屏風》(東京国立博物館蔵)を例に出すまでもないだろうが、我が国のアーティストは、そんな「水のかたち」を昔から描き続けてきた。川合玉堂の《雪志末久湖畔》、菱田春草の《雨後》。この展覧会でも、そういう「ニッポンの伝統」を継承した作品が数多く展示されている。静謐な中に自然の尊さがにじみ出る、この世のすべての事象に「八百万の神々」を見いだす美しい世界。ニッポンならではの「水のかたち」は、絵の中からマイナスイオンがあふれ出るようだ。

千住博《ウォーターフォール》1995(平成7)年 紙本・彩色 山種美術館

中でも印象に残るのは、千住博の《ウォーターフォール》だ。轟々とした水音が聞こえてきそうな勇壮な滝。人智では計り知れない存在がそこにおわしますような、堂々とした姿。近代の日本画を多数所蔵する山種美術館だが、だからこそニッポンならではの「水のかたち」を描いた現代作家の作品は趣深い。

横山大観《夏の海》1952(昭和27)年頃 紙本・彩色 山種美術館
奥村土牛《鳴門》1959(昭和34)年 紙本・彩色 山種美術館

島国ニッポンにとって、四方を囲む「海」も、なじみの深い「水のかたち」。海にちなんだ作品も、数多く展示されている。自然の勇壮さが画面からはじける横山大観の《夏の海》、リアルに「自然の神秘」を描写した奥村土牛の《鳴門》など、その海を描く大家たちのタッチは個性的でバリエーションに富んでいる。青い海の中をトビウオが群れている川端龍子の《黒潮》。生命が躍動しているさまが、二曲一双の屏風の中に閉じ込められている。

展示されている川端龍子の《黒潮》=1932(昭和7)年、絹本・彩色、山種美術館=
歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》1857(安政4)年 大判錦絵 山種美術館 [前期展示7/9-8/14]

歌川広重の《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》は、広重ならではの細かい雨の描写が魅力。1年を通じて雨が多いニッポンだけに、降りしきる雨、むせぶような霧雨など、浮世絵版画には様々な雨が登場する。それだけでも多彩な技巧が楽しめるのだ。浮世絵、近代日本画、現代作家の作品……ニッポンの画家たちが描く数々の「水のかたち」。例年にも増して猛暑だという今年、せめてアートを鑑賞する眼だけでも涼を求めてはいかがだろうか。

同時に行われている特集展示は「日本画に描かれた源平の世界」。こちらは17世紀の六曲一双の屏風《源平合戦図》(山種美術館蔵)や前田青邨、小林古径の歴史画などで、「鎌倉殿の13人」の世界が堪能できる。

(事業局専門委員 田中聡)

展示風景

新着情報をもっと見る