【開幕】国際芸術祭「あいち2022」 風土や歴史取り入れた力作の数々 10月10日まで

百瀬文《Jokanaan》2019年 オペラ「サロメ」を引用した印象的なインスタレーション

国際芸術祭「あいち2022」STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから

7月30日(土)にスタートした国際芸術祭「あいち2022」。プレスツアーで愛知芸術文化センター(名古屋)など愛知県内の会場をいくつか回りました。国内最大規模の国際芸術祭のひとつで、アーティストは32の国と地域から参加の100名(組)と国際色豊かですが、作品からは「愛知」の風土に馴染んだものも感じました。

片岡真実・芸術監督は「折からの輸送費の高騰で作品を海外から運ぶことが非常に難しくなり、結局、アーティストに来日してもらうことを優先。現場で制作してもらうことが多くなり、かえって良かった」と言います。

おなじみ塩田千春さんの作品は《糸をたどって》。織物の街として知られる一宮市の旧毛織物工場を舞台にした新作インスタレーションです。

糸巻きや織物の機械を組み合わせ、この土地に生きた人たちの生命や労働、エネルギーを想起させました。こうした作品が目立ち、それぞれの地域の文化や暮らしに自然と関心。「先の見えない時代にアートが何をできるのか」を問う芸術祭。地に足のついた感じがステキです。

国際芸術祭「あいち2022」STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから 10月10日(月)まで。愛知芸術文化センターのほか一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)を会場に現代美術、パフォーミングアーツ、ラーニング・プログラムなどジャンルを横断した最先端の芸術を発信します。(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

新着情報をもっと見る