【開幕】家康のはいた足袋の裏側は?屏風の裏には何が描いてある? 特別展「お宝のうら!なか!そこ!」徳川美術館で9月11日まで

表と裏のある屏風を少しだけ折り返して展示

特別展「お宝のうら!なか!そこ!」
会場:徳川美術館(名古屋市東区徳川町1017)
会期:2022年7月24日(日)~9月11日(日)
※期間中展示替あり(前期:7月24日~8月16日(水)、後期:8月17日(木)~9月11日)
休館日:月曜日(ただし8月15日は臨時開館)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入場料:一般1400円、大・高生700円、小・中生500円
詳しくは美術館公式サイト
会場風景

普段は目にする機会のない貴重な文化財の裏側や内側を紹介する特別展「お宝のうら!なか!そこ!」が7月24日、名古屋市東区の徳川美術館で開幕しました。9月11日まで。

美術展では通常、作品のおもてか正面を鑑賞できるように展示します。しかし、正面以外にも豪華な装飾や作者のサインがあるなど見どころはあります。この「裏側鑑賞」の面白さと意義を伝える展覧会です。

「群鶴図屏風」(「四季花鳥図屏風」裏面)左隻 江戸時代 徳川美術館蔵 前期展示

担当した同館の薄田大輔学芸員が紹介してくれたのが、同館を代表する名画のひとつ、伝狩野山楽筆「四季花鳥図屏風びょうぶ」の裏側に貼られた「群鶴図」です。
江戸時代には、婚礼などのためにあつらえられた屏風には、裏にも別の絵を貼り付けることがあったそうです。「幕府や大名家で作られた両面に絵を描く屏風の多くは、裏面は水墨画でしたが、この屏風は両面とも色彩豊かに描かれています。吉祥的な画題と合わせて、大変華やかな珍しい両面図屏風です」と薄田さんは説明します。

本展では一部しか見られないが通常の展覧会では表のこちらが展示されることが多い。伝狩野山楽筆「四季花鳥図屏風」右隻 江戸時代 徳川美術館蔵 前期展示

裏側が汚れている…だから貴重!

「踏皮(白革足袋)」四足の内 徳川家康着用 江戸時代 17世紀 徳川美術館蔵

徳川家康が実際に使っていたものを多く所蔵する徳川美術館ならではの宝物の裏側も。例えば、家康が使った足袋たび。裏側が汚れているため、実際に着用していたとみられています。薄田さんは「偉人の着用した足袋というだけでも珍しいですが、さらに裏側に職人の名が記されているのも珍しいです。家康の足袋という事で、腕のいい職人が作り、わざわざ名前を残したのでしょうか」と話しています。

内側には職人とみられる名前「市蔵」と書かれている

夏休み子ども企画「のぞいてみよう お宝のうら!なか!そこ!」

特別展をわかりやすく紹介する「ガイドブック」が、来館したすべての小中学生に配布されます(8月31日まで)。クイズにチャレンジすると、参加賞として「(表)四季花鳥図屏風/(裏)群鶴図屏風」の特製クリアファイルもプレゼントされます。土曜日は高校生以下入館料無料です。

徳川家康「しかみ像」や国宝の展示も

また、常設展示「名品コレクション展示室」では、しかみ像として知られる「徳川家康三方ヶ原戦役画像」や「長篠合戦図屏風」などが展示(8月23日まで)されるほか、国宝「初音蒔絵沈箱」、国宝「太刀 銘 国行」、家康所持「刀 銘 村正」も並びます(9月19日まで)。

「祭りの世界―風流と仮装―」展も同時開催

重要文化財の岩佐又兵衛「豊国祭礼図屏風」(8月23日まで)などが展示される企画展「祭りの世界―風流と仮装―」(徳川美術館、名古屋市蓬左文庫主催)も特別展と同期間に開催中。これらは同じチケットで鑑賞できます。
(読売新聞中部支社事業課)

 

新着情報をもっと見る